中国仕入れ全般、義烏福田市場での仕入れ代行などは信頼と実績の弊社にお任せください。中国・日本双方に法人を持ち、アテンドは全て弊社の正社員が担当します。ご帰国後も日本人担当者(通関士資格保持者)が中国から日本への商品到着までワンストップで対応しております。運送でのコストダウンなどの提案も行なっております。

中国 義烏(イーウー)からの仕入れ・輸入総合案内 > 資材などの大量輸入をお考えのかたへ

資材などの大量輸入をお考えのかたへ

建築資材、土木資材、大量資材の輸入について

自然災害や、東京オリンピックが近いことから、建築、土木関連の工事が増えても、資材高騰のため工程が遅れたり、入札ができないというニュースを耳にします

特に公共工事は信頼のある材料を使う必要があるため、今までと違うところからの材料調達には躊躇される業者も多いことと思います

円安とは言え、国内商品よりも輸入商品のほうが安くなる場合もあります

もともと、輸入した資材を日本で販売している業者が多いわけですので、円安の場合、販売価格も高くなります

 直接輸入するのが一番安いと思います

資材が中国国内で調達可能な場合は中国からの船便での発送や通関代行も可能でございます

 

ある設備資材をコンテナで一度に数本、日本にまとめて注文されている業者もおられます

検討をご希望の資材などございましたら、お気軽にお問合わせ下さい

資材工場などが具体的に決まりましたら、素材や規格などをご確認して頂き、輸入の手配などさせていただきます

 

 

弊社はコンテナでの輸入のような大型、大量の商品にも対応

輸入代行というとネット販売用の商品の輸入を想像される方も多いですが、弊社はソーラーパネル用の鋼材をはじめとする建築資材や、量販店チェーン店の商品、レストランチェーン店の食器などコンテナでの輸入代行も行なっています

中国から資材などを輸入したいがどこに頼んだらよいのかお困りのお客様がおられましたら、お気軽にご相談ください
商品探しからOEMまで、中国現地スタッフとのネットワークでご要望にお応えいたします

 

PVC%C1%A1%B0%DD%CA%E4%B6%AF%A5%DB%A1%BC%A5%B9_R.jpgPVC繊維強化補強ホース

1%C7%AF%C2%D1%B8%F5%C0%AD%A5%D5%A5%EC%A5%B3%A5%F3_R.jpg1年耐候性フレコン

%C5%DA%C7%B9%C2%D1%B8%F5%C0%AD3%C7%AF_R.jpg3年耐候性土嚢

%A5%BD%A1%BC%A5%E9%A1%BC%A5%D1%A5%CD%A5%EB%A3%B1_R.jpgソーラーパネル鋼材

%A5%BD%A1%BC%A5%E9%A1%BC%A5%D1%A5%CD%A5%EB%A3%B2_R.jpgソーラーパネル設置後

ソーラー発電資材、土木、建築資材の輸入代行

家庭用ソーラー発電についてはTVのCMでも毎日見られるようになり、ソーラー発電が日々身近になっています

年々、日本の幾つかの企業からも、より高性能なものソーラーパネルが発売されてきています
家庭用だけでなく、工場用や売電用に大きなソーラー発電システムを計画されている方々も多いようです
 
大きなソーラー発電システムを作るには、勿論ソーラーパネルも必要ですが、それらを設置するための土台などの資材も必要です
 
日本では土台などの資材は価格が高いので、中国から輸入を行ない、設置費用を抑えたい方も多いと思います
IMG_15122014_114052_r.jpg
ソーラー発電設備の例(弊社が実際に輸入代行商品した商品 40ftコンテナで輸入)

このように大きく重い資材は、中国の工場で直接コンテナに積み、そのまま船で運び、ご希望の場所までコンテナのままお届けします(荷降ろしの場所によりトラックで直接運べない場合もあり)ので、途中の荷降ろしによる破損や荷崩れも少ないです。


DCIM0295_r.JPG
ソーラー発電設備の例(弊社事務所近く  弊社の輸入代行商品とは関係ありません)

DCIM0298_r.JPG
ソーラー発電設備の例(弊社事務所近く  弊社の輸入代行商品とは関係ありません)

DCIM0300_r.JPG
ソーラー発電設備の例(弊社事務所近く  弊社の輸入代行商品とは関係ありません)

 
ソーラーだけでなく、
弊社は建築、土木などの資材の輸入代行
を行なっております

ご興味のある方はお気軽にご連絡下さい

海外アウトソーシングは既に身近なものです

海外アウトソーシングというと製造業やソフトウエア開発などを想像されるかたも
多いですが、海外アウトソーシングは決して敷居の高い物ではなく、
最近では紙箱の組立のなど簡単で一時的なものを依頼して来られる企業様も
ございます

企業努力で 、もうこれ以上、経費の削減するところはないと思われていても
一部作業の『』海外アウトソーシング』で経費削減が可能になる場合もございます

『一時的な海外アウトソーシング』 既にご利用されている企業様もおられます

たとえばお中元やお歳暮、クリスマスやバレンタインデーなどのイベント時は
一時的に大量に紙箱の組立が必要になります
日本国内でパートをたくさん採用して紙箱の組立をおこなっている企業様も多い中、
中国で組立作業をアウトソーシングで行ない、納品日を合わせてコンテナで一挙に
運んでおられる企業様もおられます
年中海外アウトソーシングではなく、必要な時だけ『一時的に海外アウトソーシング』を
利用されるというのも可能です

 

あまり大きな箱はたくさん運べないので送料が問題になりますが
 バレンタインデーの義理チョコの箱など小さいものならばコンテナ1本で数万個運ぶことが できます

たとえば紙箱の組立だけで、
1個組み立てるのに1分かかる(1時間に60個)とし、
9万個を必要な場合を考えると 9万個/30個 で 3000時間作業に必要になります
時給750円とすると2,250,000円かかります
さらに、作業する場所の管理や、交通費、空調代などいろいろな経費も必要になります

中国からコンテナ1本を運んでくる場合 送料は 50万円もかかりません
 さらに 作業管理も必要なく、いっときに組立後の製品が入荷されますので、
 作業場所代も必要ありません

さらに紙箱などの材料も中国で製作すれば、紙箱の印刷代なども安くなります

多くの大手企業が海外進出していますが、決して大手企業だけの話ではなく、
御社の抱えておられる一時的な作業を海外アウトソーシングすることで、
無理なく、即、コスト削減、利益増大に繋がります

『一時的な海外アウトソーシング』 以外のサービス


 弊社は中国にも拠点がございますので、必要な量に応じて対応も可能でございます

 

コンテナでのアウトソーシングだけではなく OEMのご依頼も同時に引き受けております
 OEM商品やネット販売用商品の袋詰め、
 FBAのラベル貼りと日本への発送など
さまざまな作業も承っております

日本でおこなったら人件費や管理費なども意外に高くなってしまいます
数量や体積、製品などによって、コンテナに入る量や、
関税なども変わってきますので、
皆様からのご相談ご質問をお待ちしております

アウトソーシングのご提案

中国アウトソーシングのご案内


円安とは言え、日本で商品を作るよりは、中国などで品質管理をしてしっかりと商品を作れば、輸送料を加えても、安く作れます

中国と日本間で一般的に送料が一番安いのはコンテナを船で運ぶ方法です
コンテナには一般的には
●長さが20フィートと40フィートの2種類が有ります
●コンテナの高さや幅は大体2.35mです
 
容積からいうと 20フィートコンテナは 32立方m
20フィートコンテナは 66立方m位です

少量のお荷物ならば、航空便や、船便でも混載便といって、複数のお客様のお荷物を1本のコンテナに入れて送る事が多いですが、
送料の費用面からいうと、専用のコンテナを使って、コンテナいっぱいの荷物を運ぶほうが かなり割安になります

コンテナ一本分の材料を中国に送って、現地で組立、加工などを して、またコンテナで日本に送り返すなど、現地で作業をおこなうアウトソーシングをご提案します
たとえば季節物イベント商品(クリスマス、バレンタインデー、母の日など)の箱の作成など、短期間に集中して大量生産の必要な作業にはアウトソーシング向いています
 
クリスマスケーキやバレンタインデーなど短期間(数日間)で 何万箱と使用するようなパッケージの組立などには、一時的に大勢のアルバイトを募集し、また、日本でするので、多額の人件費や、倉庫代などがかかります

アウトソーシングの場合なら、指定した日時に 指定場所に一挙にまとめてコンテナで入荷が可能です

大手企業は商品や材料の輸入などを頻繁に行なっていますので、 コンテナで運ぶことなど身近な作業ですが、中小企業の方々に とっては、かなり敷居が高いものとして、躊躇されているかたが多いと思います

アウトソーシングにもいろいろな作業がございます
中国にアウトソーシングすることについての、ビジネスモデルが中小企業向けのものとして あまり無いか、やりたくても問合わせや相談先が分からないのが現状であると思います
御社でお困りの作業で、中国でアウトソーシングできそうなものが ございましたら、お気軽にご相談ください
コンテナ1本分の量があれば、国内でアウトソーシングする感覚で可能です

まずはご相談頂き、費用等の面で難しそうだったら別の方法を
お考え頂ければいいだけです

まずは 第一歩、 弊社としてもできるだけ一緒に
お考えさせていただきます

 

植物工場の資材輸入

近年の気象変動は大きく、夏の集中豪雨、台風などの影響は 路地栽培の農家にとっては大きな痛手です。
そこで急成長をとげているのが、植物工場です
 
植物工場では植物や野菜などの農作物を人工管理のもとで生産します。
植物工場と新しい技術のように聞こえますが、このような技術や考え方は昔からあり、ブドウやイチゴなどのハウス栽培や、キノコの栽培などがそうでハウス栽培をおこなうことで、温室状態になり温度調節、日光調節などをすることで、生産時期や量を調整して 露地栽培の出荷時期を人工的にずらすことにより、安定した量を確保することができます
 
 
またキノコの栽培についても同様で、温度調節、湿度管理などをすることで、生産量を調整して出荷ができます キノコ栽培の場合は建物など室内で行なうことも多く、風雨の影響を受けにくく安定した栽培が可能です。

植物工場では、特に水耕栽培、砂栽培などにより、害虫や病気、肥料などの管理などを徹底して行ない、さらに植物には欠かせない光の管理を人工光で行なく事が主流です
 
温湿度管理、空調管理、屋外との遮断などにより、昔の農業ではなく、生産管理に基づいた
工場のようになってきています また、生産を計画的に行うことで、安定した雇用にもつながることから期待も大きいです 水耕栽培の場合は栄養液を使うため、土を使わないので、綺麗な環境で仕事が可能です。さらに、植物の栽培の位置を高くして、腰が痛くならい、寒さや暑さから守られている、雨風にもあたらないなど農業のイメージが大きく変わってきています

国内にある植物工場の数は2012年3月時点で210か所、2013年3月時点で304か所、2014年3月時点で383か所となっています。(三菱総合研究所調査のレポートより)

ここで問題なのが、初期費用や日々のランニングコストです。LEDや深夜料金などを使い、ランニングコストを抑えることに工夫をされていますが、まだまだ と言ったところが 現状のようです。植物工場は建物など敷地があれば、地産地消型で、流通コストを抑え、さらに新鮮な植物(野菜)の提供が可能なので、事業としても大きな可能性があります



植物工場の今後
官民の協力のもとで大きなプロジェクトとして発展
地域の空き地、空家を利用して発展
家庭向けのインテリアなどとして発展
していくこと思います

設備については日本の大手企業も既に参入していますが、勿論中国にも植物工場の設備を安価で提供している企業も多くあります
また インテリアとして、家庭のリビング用のコンパクトな植物工場の設備も中国で生産されています
インテリア用としてネット販売も可能ではないでしょうか 

弊社では中国の植物工場の設備会社からの資材輸入なども可能です
植物工場を考えておられる方や、家庭向けインテリアの商品として考えておられる方はお問合わせ下さい

オーガニックタオルなど アトピー用や高級商品の中国仕入れ

アトピー皮膚炎など、幼児や子供たち、最近は大人でも悩まされている人が多くなっています

原因は食べ物とか、ダニだとか色々言われますが、なかなか治らず、ついつい掻いてしまい
炎症が悪化する場合が多々あります

 

オーガニックのタオルやガーゼを使ったからと言って、炎症がすぐに治るとかということでは ないですが、少しでも肌に優しい生地を使ったものを周りに置きたいものです

オーガニックのタオルは農薬を使わない、染色にもオーガニックの物を使い、化学物質を 一切使わないものです 勿論、その分 高価になりますが、かと言ってタオル一枚が 何千円もするものではありません

中国にも、きちっと生産管理がされ、国際的な製造証明書などの出せる工場も多くあります また、日本の大手通販業者にも出荷実績のある企業も多くあります

 

中国仕入れで、既存の商品を輸入するだけではなく、ギフト用にオーガニックのタオルやシーツに付加価値を付けて販売を考えておられる方や、アトビー用として大量に中国仕入れを考えておられる業者のかたは 是非お問合わせください

コンテナサイズについて

コンテナのサイズには 大きく分けて20Ft、40Ft, 40FtHCの3種類があります 

20Ftコンテナというのは コンテナの長さが20Ft(約6m)、40Ftコンテナというのは長さが40Ft(約12m)あります。40FtHCというのはHC(ハイパーキューブ 屋根がすこし高いコンテナです)

コンテナの積載は 20Ftコンテナが 20t(トン)、40Ftコンテナは24tまでです

40Ftコンテナは長さが20Ftの2倍ありますが、積載量は殆ど変わりません。注意が必要です

  

 

 コンテナタイプ

20’DRY
8’6”High

40’DRY
8’6”High) 

40’HC DRY
9’6”High

要  目

MIN.

MAX.

MIN.

MAX.

MIN.

MAX.

内法寸法

長さ(mm)

5,883

5,932

12,024

12,066

12,024

12,062

幅 (mm)

2,335

2,354

2,344

2,354

2,350

2,352

高さ(mm)

2,217

2,416

2,258

2,398

2,690

2,700

扉開口寸法

幅 (mm)

2,320

2,345

2,292

2,350

2,338

2,350

高さ(mm)

2,119

2,308

2,258

2,292

2,581

2,589

内 容 積

(M3)

30.8

33.7

63.8

68.1

76.2

76.4

自   重

(圈

1,680

2,370

2,870

3,810

3,050

4,120

最大積載重量

(圈

17,950

18,640

26,670

27,610

26,360

27,430

大型の商品輸入

中国からの輸入(中国仕入れ)については、雑貨やアパレル関係だけはなく、

ガーデニングやエクステリア関係の資材(レンガや柵 ガーデンアーチなど)などもあります

これらは少し大きいので、コンテナでの輸入になりますが、雑貨などのように

航空便(EMSなど)で送るよりは 安くなります

 

これらの商品以外として

防草シート、人工芝など

家庭菜園用の温室やビニールハウス用資材など農業用の材料

家具やガーデニング用のテーブル

なども挙げられます

 

今 ブームでこれからも続くであろう 家庭用栽培や植物工場の資材、インテリアとしてリビングなどに置く、LED植物栽培キットなども面白いと思います

 

義烏の福田市場やアリババなど 中国の商品がいろいろありますので、大型商品もご検討することもよいのではないでしょうか 

輸入でお困りの時はご相談ください

中国からの輸入を代行業者に依頼することで、タオバオやアリババなどの商品を、一般のかたでも、ある程度簡単に仕入れることができるようになりました
中国にも日本にも小規模の輸入代行業者がここ数年間で増えています

弊社は小規模な輸入代行から、専用コンテナを使って船便での輸入や、食品検査や、動植物検査などの必要な商品まで広く輸入代行を承っております

輸入例
・ レストランチェーン店でつかう食器
・ガチャガチャなどの玩具
・量販店における雑貨
・ソーラーパネルの土台
・お土産屋さんでつかう紙箱のOEMやマスコット人形等
・鉢植え造花など大型の造花や鉢の輸入
水陸両用車
モーターボート

・桟橋
・アパレル
・アクセサリー
など

商品参考イメージ写真(お客様の情報のため)< %CD%A2%C6%FE%A5%B8%A5%A7%A5%C3%A5%C8%B9%A5%A4%AD%A1%BD_R.jpgフライングジェット

%CD%A2%C6%FE%A5%BB%A5%B0%A5%A6%A5%A7%A5%A4_R.jpgセグウェイ

%CD%A2%C6%FE%C0%B8%C3%CF_R.jpg生地

%CD%A2%C6%FE%B4%E1%B6%F1%A5%DA%A5%BF%A5%F3%A5%B3%BF%CD%B7%C1_R.jpgペタンコ人形

%CD%A2%C6%FE%BF%A9%B4%EF_R.jpg食器

%CD%A2%C6%FE%BF%A9%B4%EF%A3%B2_R.jpg食器

%CD%A2%C6%FE%BF%A9%B4%EF%A3%B3_R.jpg食器

%CD%A2%C6%FE%BF%E5%CE%A6%CE%BE%CD%D1_R.jpg水陸両用車

%CD%A2%C6%FE%C2%A4%B2%D6_R.jpg造花

%CD%A2%C6%FE%C2%A4%B2%D6%A3%B1_R.jpg造花

%CD%A2%C6%FE%C2%C0%CD%DB%B8%F7%C5%DA%C2%E6_R.jpgソーラーパネル用土台

食品検査の必要なものは、スムースに検査申請や必要書類の手配(中国の工場から)などを事前に準備して進めておかなければ、船の港倉庫での倉庫代がどんどん増えてしまい、結果、原価の高い商品になってまいます

弊社は長年の経験と様々な商品の輸入にかかわる実績で、小規模の輸入から船便コンテナ輸入まで
幅広く皆さまのご要望にお応えしております

輸入したいけど、どこに相談したらいいかわからない時は、
どうぞお気軽いお問い合わせ下さい

義烏の家具市場

3月に ソファを十数脚 輸入のため、義烏での買付のアテンドのオファーがありました

福田市場は雑貨などが中心ですが、家具については 専門の大きな家具市場ができました

義烏の福田市場からは、1時間ほど離れたところに家具市場があります

福田市場ほど大きくはないですが半分くらいの規模の大きな市場です
家具だけで福田市場の半分の規模ですから かなり大きいです
3年ほど前まだ、1区と3区しかできておらず、2区の工事中でした

上海にも家具のいい市場はありますが、義烏にも専門の家具市場があります

興味のあるかたは是非 訪問してみられたらいかがでしょうか
弊社では義烏の福田市場に限らず、義烏のほかの市場や、上海、広州など別の地域のアテンドサービスも行なっております


家具は大きいので、コンテナでの船便になりますが、Door to Doorで 日本に輸入代行可能でございます

義烏家具市場についての紹介はこちら

..... お問合わせはこちらに……お問合わせフォーム


<===========  TOP画面に戻る==========>