中国仕入れ全般、義烏福田市場での仕入れ代行などは信頼と実績の弊社にお任せください。中国・日本双方に法人を持ち、アテンドは全て弊社の正社員が担当します。ご帰国後も日本人担当者(通関士資格保持者)が中国から日本への商品到着までワンストップで対応しております。運送でのコストダウンなどの提案も行なっております。

中国 義烏(イーウー)からの仕入れ・輸入総合案内 > 義烏ニュース > 植物工場の資材輸入

義烏ニュース

植物工場の資材輸入

近年の気象変動は大きく、夏の集中豪雨、台風などの影響は 路地栽培の農家にとっては大きな痛手です。
そこで急成長をとげているのが、植物工場です
 
植物工場では植物や野菜などの農作物を人工管理のもとで生産します。
植物工場と新しい技術のように聞こえますが、このような技術や考え方は昔からあり、ブドウやイチゴなどのハウス栽培や、キノコの栽培などがそうでハウス栽培をおこなうことで、温室状態になり温度調節、日光調節などをすることで、生産時期や量を調整して 露地栽培の出荷時期を人工的にずらすことにより、安定した量を確保することができます
 
 
またキノコの栽培についても同様で、温度調節、湿度管理などをすることで、生産量を調整して出荷ができます キノコ栽培の場合は建物など室内で行なうことも多く、風雨の影響を受けにくく安定した栽培が可能です。

植物工場では、特に水耕栽培、砂栽培などにより、害虫や病気、肥料などの管理などを徹底して行ない、さらに植物には欠かせない光の管理を人工光で行なく事が主流です
 
温湿度管理、空調管理、屋外との遮断などにより、昔の農業ではなく、生産管理に基づいた
工場のようになってきています また、生産を計画的に行うことで、安定した雇用にもつながることから期待も大きいです 水耕栽培の場合は栄養液を使うため、土を使わないので、綺麗な環境で仕事が可能です。さらに、植物の栽培の位置を高くして、腰が痛くならい、寒さや暑さから守られている、雨風にもあたらないなど農業のイメージが大きく変わってきています

国内にある植物工場の数は2012年3月時点で210か所、2013年3月時点で304か所、2014年3月時点で383か所となっています。(三菱総合研究所調査のレポートより)

ここで問題なのが、初期費用や日々のランニングコストです。LEDや深夜料金などを使い、ランニングコストを抑えることに工夫をされていますが、まだまだ と言ったところが 現状のようです。植物工場は建物など敷地があれば、地産地消型で、流通コストを抑え、さらに新鮮な植物(野菜)の提供が可能なので、事業としても大きな可能性があります



植物工場の今後
官民の協力のもとで大きなプロジェクトとして発展
地域の空き地、空家を利用して発展
家庭向けのインテリアなどとして発展
していくこと思います

設備については日本の大手企業も既に参入していますが、勿論中国にも植物工場の設備を安価で提供している企業も多くあります
また インテリアとして、家庭のリビング用のコンパクトな植物工場の設備も中国で生産されています
インテリア用としてネット販売も可能ではないでしょうか 

弊社では中国の植物工場の設備会社からの資材輸入なども可能です
植物工場を考えておられる方や、家庭向けインテリアの商品として考えておられる方はお問合わせ下さい

..... お問合わせはこちらに……お問合わせフォーム


<===========  TOP画面に戻る==========>