中国仕入れ全般、義烏福田市場での仕入れ代行などは信頼と実績の弊社にお任せください。中国・日本双方に法人を持ち、アテンドは全て弊社の正社員が担当します。ご帰国後も日本人担当者(通関士資格保持者)が中国から日本への商品到着までワンストップで対応しております。運送でのコストダウンなどの提案も行なっております。

中国 義烏(イーウー)からの仕入れ・輸入総合案内 > 中国仕入れ商品の日本での通関時注意点

中国仕入れ商品の日本での通関時注意点

義烏福田市場など中国仕入れ商品の日本での輸入時の注意点

義烏でたくさんのお客様が商品を購入になられますが、 
中国に限らず、海外で商品を購入して日本に送る場合 気を付けないと
行けない商品についてご説明します


毎月、数回も 中国でお客様がお求めになられた商品を、
船便や航空便で輸入をしてお届けしておりますが
中国で発送直前になって、ヒヤッとする場合が多々あります
 
商品によっては、航空便では送れないものや、税関で検査が
必要になるものがあり、船便にかえたり、航空便の運送会社を代えたり
証明書などの準備をする場合があります 
 
------------------ 
 
船の場合でも航空便の場合でも税関を通る必要になります
商品によっては税関で検査対象になったり、輸入許可のもらえない場合が
あります 

●税関で検査になったり、輸入許可がもらえない可能性のあるものの代表例
・ブランド商品の偽物
・動植物
・液体(船便ならOK 航空便は運送会社によって異なる)
特にネイル関係のジェルやシャンプーなどはEMSでは送れなません
航空便で送る場合はFEDEXなどならば可能な場合があります
・火薬など
・危険物
内燃機関
電池により動力が供給される装置または車両
[例]磁石、リチウム電池(※)
リチウム電池は発熱又は発火する恐れがあるものとして
航空危険物に指定されています。
船便なら可能です
例外:機器(腕時計、パソコンなど)に取り付けられたボタン型の
リチウム電池は航空危険物に該当しませんので、
船便だけでなく航空便でも送付することができます
ただしリチウム電池の数量制限(単電池の場合は4個、
組電池の場合は2個)の範囲内

●実例
ドライフラワー
麦や藁のドライフラワーについて、植物検査が必要になり、1週間以上、通関で
止められました
植物検疫法に基づき、植物に有害な害虫、かび、種子などの侵入を防止するために
植物検疫を受ける必要があります
また、漂白されていたり、そのドライフラワーに塗料が塗ってあっても、
麦が動物のエサになるかもしれないとのことで、検査もありました
漂白の作業工程、漂白剤などの資料を求められました
とにかく植物の輸入は控えたほうがいいです
検査代、倉庫代などかなりの追加費用がかかりました


食器
直接、食べ物に触れますので、お皿、コップ、ナイフ、フォーク等は
気を付けたほうがいいです。
それぞれの塗料の色について検査が入りますので、それぞれ検査代だけで
かなりの費用になる場合があります

おもちゃ
特に幼児が使うようなものは、口に運ぶ場合がありますので、塗料などに
有害物質が含まれてないかの検査を受ける場合があります
10年ほど前、中国製の玩具に鉛が含まれていたというニュースがありました

ぬいぐるみ
特に幼児などが触れるものは、口に入れたりもするので、検査の対象になる場合があります
たとえば ぬいぐるみの目の塗料などに鉛が含まれていないかなど

偽ブランド
キティーちゃんやディズニーキャラクタや、シャネルなどの模様の
入ったiPhoneケースなど
日本の税関で廃棄処分の手続き(有料)をする可能性があります

老眼鏡
老眼鏡は医療器具として取り扱われるので、薬事法に基づく医療機器に該当しとして、
輸入し、市場に出荷する場合は、医療機器製造販売業と製造業の両方の許可および
外国製造業者の認定(輸入の場合のみ)が必要です。商品を通関から受け取れない
場合があります
 
 


次回は関税についてご説明します




商品仕入れの注意 通関での問題

 

商品の仕入れに注意するべき商品 (通関での問題)

 

義烏の市場はたくさんの商品があって、
非常に魅力的です 市場を歩いていると、つい、これも、あれもと
 いろいろな商品を欲しくなります
これを日本でネット販売などで売ったら、売れるだろうな
 とか、
こんなに安いんだったら会社で使おう
とか いろいろな夢が駆け巡ります
  
 ただし、一つ注意があります
 偽ブランド品はもちろん アウトですが
それ以外に玩具などは食品検査などがあります
それは、日本で輸入する時、商品によっては  食品検査など
検査が必要となる物がある
と いうことです

食品検査は食べ物だけではなく、食べ物と接する食器や
玩具(幼児が舐めたりするので)などが対象になります

 検査代は 商品1種類につき、数万円から十数万円します

その検査期間中、許可が下りるまでは 引き取るとこができませんので、
その期間の倉庫代なども 費用として請求される場合があります

もし、検査結果で許可が下りないときは、 破棄処分か、
輸出国に商品を戻すことになります

 勿論その費用は自分持ち

 せっかく 夢をみて買ったのに、破棄され、さらに その費用を請求されたら
思いっきり ブルーになってしまいます


注意する品目

1.玩具(特に幼児がつかうもの)、、、ボールや縫いぐるみなど
 
2.食器、、、食器の塗料などに鉛やカドニウムなどが含まれていないかなど
 たとえばコップやマグカップなどは内側に絵が描いてあると
それぞれの塗料の検査になりますので、費用がかさみます
内側に絵や模様が描いてなく、真っ白なものだど、検査が 少なくて済みますので、
費用も安くなります

3.造花、、、ドライフラワーも危険です。
最近流行りの生花をつかった造花も検査対象になります
造花は食品検査ではなく、別の検査(動植物検査、検疫検査など)が行なわれます
いずれにしても、検査費用と時間がかかりますので、注意が必要です


 ほかにもいろいろあります
弊社は 過去の業務経験として、検査の申請などもしてきました 
 詳しくは、アテンド担当に質問されるか、弊社までご相談ください

 

参考サイト

厚生労働省検疫所食品等輸入届出受付窓口

http://www.mhlw.go.jp/topics/yunyu/tp0130-1e.html

 

輸入相談窓口一覧

http://www.mhlw.go.jp/topics/yunyu/soudan/

 

一般財団法人 食品環境検査協会

 

http://www.jiafe.or.jp/


 

関税率について

海外から商品を輸入するとき、商品によって関税がかかります

海外で商品を購入したとき安かったはずなのに、実際に
輸入して、関税などを払ってみたら、日本で買うよりも
高くなったということがないように、関税の仕組みを
知っておくことも大切です

 

 

主な商品の関税率の目安

zeikan_r.jpg 詳しくは税関のHPをご参考ください

(平成26年4月1日現在)

区 分

品 目

関 税 率

衣料品

毛皮のコート(43類)

外衣類、下着類(61、62類)

Tシャツ(61類)

水着(61、62類)

ネクタイ(織物)(62類)

マフラー類(61、62類)

20%

5.3〜12.8%

7.4〜10.9%

8.4〜10.9%

8.4〜13.4%

4.4〜9.1%

ハンドバッグ

革製(42類)

8〜16%

アクセサリー

金製、銀製、プラチナ製、貴石製品(71類)

5.2〜5.4%

時 計

腕時計、その他の時計(91類)

無税

機械類及び

電気機器

パソコン(84類)

デジタルカメラ、ビデオカメラ(85類)

無税

無税

楽 器

ピアノ、弦楽器、吹奏楽器(92類)

無税

記録物

ブルーレイディスク、CD(85類)

書籍、雑誌(49類)

無税

無税

印刷物

楽譜、ポスター、複製画、カタログ類(49類)

無税

美術品

肉筆の書画、版画、彫刻(97類)

無税

化粧品

香水、オーデコロン、口紅、マニキュア用品、化粧水(33類)

浴用化粧石けん(34類)

無税

無税

がん具

がん具(人形を含む)(95類)

無税〜3.9%

スポーツ用品

レジャー用品

乗用自動車、オートバイ(87類)

モーターボート、ヨット、カヌー(89類)

スキー用具、ゴルフクラブ(95類)

釣り用具(95類)

無税

無税

無税

3.2%

履物

甲が革製又は甲の一部に革を使用したもの(64類)

30%又は4,300円/足のうちいずれか

高い税率

家具類

腰掛け、家具(事務所・台所・寝室用)(94類)

無税

床用敷物

じゅうたん(綿製、羊毛製、人造繊維製)(57類)

6.3〜8.4%

台所及び

家庭用品

プラスチック製(39類)

陶磁製(69類)

ガラス製(70類)

ステンレス製(73類)

無税〜3.9%

寝具類

毛布、ベッドリネン(63類)

マットレス、ふとん(94類)

3.2〜10.9%

飲料

茶葉(ウーロン茶、紅茶)(9類)

コーヒー豆(9類)

ミネラルウォーター(22類)

清涼飲料水(22類)

3〜17%

無税〜12%

3%

9.6〜13.4%

洋酒類

ビール、ウイスキー、ブランデー、リキュール(22類)

ワイン(22類)

 

無税

45〜182円/l

菓子類

チョコレート菓子(18類)

砂糖菓子(ホワイトチョコレートを含む)(17類)

クッキー、ビスケット(19類)

アイスクリーム(21類)

10%

24〜25%

13〜20.4%

21〜29.8%

肉、魚介類

調製品

ソーセージ(16類)

魚類缶詰(16類)

かに缶詰(16類)

10%

9.6%

5%

チーズ

チーズ(4類)

22.4〜40%

たばこ

たばこ(24類)

無税〜29.8%

ペットフード

ペットフード(23類)

無税〜36円/kg

(注)この表は、個人輸入者の関心が高いと思われる代表的な品目について、その関税率を示したものです。
 関税率及び各品目の関税率表上の所属区分は、原産国、品目の材質、加工の有無及び用途などによって大きく変わることがありますから、この表の関税率がそのまま適用されるとは限りません。一応の目安とお考え下さい。



関税について

商品等を輸入するときに、気になるのは送料や関税です。
特に関税は商品を引き取る時に請求されますので、予想外だとびっくりしてしまいます
表にあげてある商品は一般的なものです。一つの目安としてお考えください
なお、商品によっては食品検査や動植物検査などもあり、別途検査費用がかかりますので、お求めの際は、アテンド担当者や弊社までご相談ください(税関ホームページより引用)

 

区 分

品 目

関 税 率

衣料品

毛皮のコート

外衣類、下着類

Tシャツ

水着

ネクタイ(織物)

マフラー類

20%

5.3〜12.8%

7.4〜10.9%

8.4〜10.9%

8.4〜13.4%

4.4〜9.1%

ハンドバッグ

革製

8〜16%

アクセサリー

金製、銀製、プラチナ製、貴石製品

5.2〜5.4%

時 計

腕時計、その他の時計

無税

機械類及び

電気機器

パソコン

デジタルカメラ、ビデオカメラ

無税

無税

楽 器

ピアノ、弦楽器、吹奏楽器

無税

記録物

ブルーレイディスク、CD

書籍、雑誌

無税

無税

印刷物

楽譜、ポスター、複製画、カタログ類

無税

美術品

肉筆の書画、版画、彫刻

無税

化粧品

香水、オーデコロン、口紅、マニキュア用品、化粧水

浴用化粧石けん

無税

無税

がん具

がん具(人形を含む)

無税〜3.9%

スポーツ用品

レジャー用品

乗用自動車、オートバイ

モーターボート、ヨット、カヌー

スキー用具、ゴルフクラブ

釣り用具

無税

無税

無税

3.2%

履物

甲が革製又は甲の一部に革を使用したもの

30%又は4,300円/足のうちいずれか

高い税率

家具類

腰掛け、家具(事務所・台所・寝室用)

無税

床用敷物

じゅうたん(綿製、羊毛製、人造繊維製)

6.3〜8.4%

台所及び

家庭用品

プラスチック製

陶磁製

ガラス製

ステンレス製

無税〜3.9%

寝具類

毛布、ベッドリネン

マットレス、ふとん

3.2〜10.9%

飲料

茶葉(ウーロン茶、紅茶)

コーヒー豆

ミネラルウォーター

清涼飲料水

3〜17%

無税〜12%

3%

9.6〜13.4%

洋酒類

ビール、ウイスキー、ブランデー、リキュール

ワイン

 

無税

45〜182円/l

菓子類

チョコレート菓子

砂糖菓子(ホワイトチョコレートを含む)

クッキー、ビスケット

アイスクリーム

10%

24〜25%

13〜20.4%

21〜29.8%

肉、魚介類

調製品

ソーセージ

魚類缶詰

かに缶詰

10%

9.6%

5%

チーズ

チーズ

22.4〜40%

たばこ

たばこ

無税〜29.8%

ペットフード

ペットフード

無税〜36円/kg

(注)この表は、個人輸入者の関心が高いと思われる代表的な品目について、その関税率を示したものです。
関税率及び各品目の関税率表上の所属区分は、原産国、品目の材質、加工の有無及び用途などによって大きく変わることがありますから、この表の関税率がそのまま適用されるとは限りません。一応の目安とお考え下さい。

食器などの仕入れ(食品検査)について

 

 

食品衛生法に基づく輸入について

 

 

輸入される食品についてはその安全性確保の観点から、法律に基づき、輸入者は輸入届け出の義務が課せられています

yunyuutodokede.jpg

 

輸入届出を行わない食品などについては 販売用に用いることはできないとしています

 

食品というと食べ物やその材料であると考えやすいですが、マグカップや、食器、食品保存用の入れ物(タッパやお弁当箱)なども、直接食品に接することから、検査の対象になりますので、購入の際には注意が必要です

 

  syokki3.jpg

 

手軽な輸入方法である航空便(EMSなど)の場合でも、日本の空港などで止められます

(販売用ではなく、個人使用と思われるような少量の場合は検査無しの場合もある)

 

輸入届出の方法

  1. 輸入届出書を記入し輸入した港を管轄する厚生労働省検疫所に輸入の届出を行います

  2. 届出の内容を確認し、食品等検査が必要かどうか判断され、必要な場合は、検査指示がでます

  3. 認定された検査機関に連絡し、検査依頼申込書を記入し、商品サンプルの取り出しと検査を依頼します(商品は保税地域にあるため勝手に取り出すことはできず、

    通関業者などに連絡し手続きが必要になります)

  4. 検査結果が合格の場合は、厚生労働省検疫所より許可がおり、届出済証が渡されます

  5. 届出済証のコピーを通関業者におくり通関手続きを進めてもらいます

 

食品検査の手続きなどは 慣れないと 書類の記入方法などに手間をとったり、場合よっては、商品の製造工場から製造証明書(材料や製造工程など)をもらう必要があり、中国で購入した問屋に問い合わせたり、そこから工場に連絡してもらって製造証明書を発行、送ってもらうなどの手続きは時間がかかります
この証明書は製造に関するものですので、販売している問屋が勝手に作っても製造証明書としては認められません。また、食品検査の依頼書などには、工場名、工場の住所などを調べて記入する欄もあります

 

  syokki4.jpg

 

 

弊社では中国に事務所があり、また、義烏の福田市場などでのアテンドをもとに、その商品の工場を調べ、証明書などの発行依頼をしたり、日本での手続きの代行も行っております

輸入した商品は、港または空港に長期間置くことができず、検査に要する日数や申請にかかる日数などで時間がかかると、倉庫代として追加費用がかかります(大体 1週間を超えるとお金がかかります)

 

弊社はそれらの手続きの代行サービスを行っておりますので、食品検査になりそうな商品の場合でも安心して仕入が可能です(ただし、商品によってはカドニウムや鉛など使用禁止の塗料などを使用しているため輸入ができないこともあります 仕入れる際にはあらかじめご相談ください)

 

  syokki2.jpg

 

日元 -------------------------------- 6.0376 6.0376

輸入でお困りの時はご相談ください

中国からの輸入を代行業者に依頼することで、タオバオやアリババなどの商品を、一般のかたでも、ある程度簡単に仕入れることができるようになりました
中国にも日本にも小規模の輸入代行業者がここ数年間で増えています

弊社は小規模な輸入代行から、専用コンテナを使って船便での輸入や、食品検査や、動植物検査などの必要な商品まで広く輸入代行を承っております

輸入例
・ レストランチェーン店でつかう食器
・ガチャガチャなどの玩具
・量販店における雑貨
・ソーラーパネルの土台
・お土産屋さんでつかう紙箱のOEMやマスコット人形等
・鉢植え造花など大型の造花や鉢の輸入
水陸両用車
モーターボート

・桟橋
・アパレル
・アクセサリー
など

商品参考イメージ写真(お客様の情報のため)< %CD%A2%C6%FE%A5%B8%A5%A7%A5%C3%A5%C8%B9%A5%A4%AD%A1%BD_R.jpgフライングジェット

%CD%A2%C6%FE%A5%BB%A5%B0%A5%A6%A5%A7%A5%A4_R.jpgセグウェイ

%CD%A2%C6%FE%C0%B8%C3%CF_R.jpg生地

%CD%A2%C6%FE%B4%E1%B6%F1%A5%DA%A5%BF%A5%F3%A5%B3%BF%CD%B7%C1_R.jpgペタンコ人形

%CD%A2%C6%FE%BF%A9%B4%EF_R.jpg食器

%CD%A2%C6%FE%BF%A9%B4%EF%A3%B2_R.jpg食器

%CD%A2%C6%FE%BF%A9%B4%EF%A3%B3_R.jpg食器

%CD%A2%C6%FE%BF%E5%CE%A6%CE%BE%CD%D1_R.jpg水陸両用車

%CD%A2%C6%FE%C2%A4%B2%D6_R.jpg造花

%CD%A2%C6%FE%C2%A4%B2%D6%A3%B1_R.jpg造花

%CD%A2%C6%FE%C2%C0%CD%DB%B8%F7%C5%DA%C2%E6_R.jpgソーラーパネル用土台

食品検査の必要なものは、スムースに検査申請や必要書類の手配(中国の工場から)などを事前に準備して進めておかなければ、船の港倉庫での倉庫代がどんどん増えてしまい、結果、原価の高い商品になってまいます

弊社は長年の経験と様々な商品の輸入にかかわる実績で、小規模の輸入から船便コンテナ輸入まで
幅広く皆さまのご要望にお応えしております

輸入したいけど、どこに相談したらいいかわからない時は、
どうぞお気軽いお問い合わせ下さい

..... お問合わせはこちらに……お問合わせフォーム


<===========  TOP画面に戻る==========>