中国仕入れ全般、義烏福田市場での仕入れ代行などは信頼と実績の弊社にお任せください。中国・日本双方に法人を持ち、アテンドは全て弊社の正社員が担当します。ご帰国後も日本人担当者(通関士資格保持者)が中国から日本への商品到着までワンストップで対応しております。運送でのコストダウンなどの提案も行なっております。

中国 義烏(イーウー)からの仕入れ・輸入総合案内 > 中国仕入れ商品の日本での通関時注意点 > 商品仕入れの注意 通関での問題

中国仕入れ商品の日本での通関時注意点

商品仕入れの注意 通関での問題

 

商品の仕入れに注意するべき商品 (通関での問題)

 

義烏の市場はたくさんの商品があって、
非常に魅力的です 市場を歩いていると、つい、これも、あれもと
 いろいろな商品を欲しくなります
これを日本でネット販売などで売ったら、売れるだろうな
 とか、
こんなに安いんだったら会社で使おう
とか いろいろな夢が駆け巡ります
  
 ただし、一つ注意があります
 偽ブランド品はもちろん アウトですが
それ以外に玩具などは食品検査などがあります
それは、日本で輸入する時、商品によっては  食品検査など
検査が必要となる物がある
と いうことです

食品検査は食べ物だけではなく、食べ物と接する食器や
玩具(幼児が舐めたりするので)などが対象になります

 検査代は 商品1種類につき、数万円から十数万円します

その検査期間中、許可が下りるまでは 引き取るとこができませんので、
その期間の倉庫代なども 費用として請求される場合があります

もし、検査結果で許可が下りないときは、 破棄処分か、
輸出国に商品を戻すことになります

 勿論その費用は自分持ち

 せっかく 夢をみて買ったのに、破棄され、さらに その費用を請求されたら
思いっきり ブルーになってしまいます


注意する品目

1.玩具(特に幼児がつかうもの)、、、ボールや縫いぐるみなど
 
2.食器、、、食器の塗料などに鉛やカドニウムなどが含まれていないかなど
 たとえばコップやマグカップなどは内側に絵が描いてあると
それぞれの塗料の検査になりますので、費用がかさみます
内側に絵や模様が描いてなく、真っ白なものだど、検査が 少なくて済みますので、
費用も安くなります

3.造花、、、ドライフラワーも危険です。
最近流行りの生花をつかった造花も検査対象になります
造花は食品検査ではなく、別の検査(動植物検査、検疫検査など)が行なわれます
いずれにしても、検査費用と時間がかかりますので、注意が必要です


 ほかにもいろいろあります
弊社は 過去の業務経験として、検査の申請などもしてきました 
 詳しくは、アテンド担当に質問されるか、弊社までご相談ください

 

参考サイト

厚生労働省検疫所食品等輸入届出受付窓口

http://www.mhlw.go.jp/topics/yunyu/tp0130-1e.html

 

輸入相談窓口一覧

http://www.mhlw.go.jp/topics/yunyu/soudan/

 

一般財団法人 食品環境検査協会

 

http://www.jiafe.or.jp/


 

..... お問合わせはこちらに……お問合わせフォーム


<===========  TOP画面に戻る==========>