中国仕入れ全般、義烏福田市場での仕入れ代行などは信頼と実績の弊社にお任せください。中国・日本双方に法人を持ち、アテンドは全て弊社の正社員が担当します。ご帰国後も日本人担当者(通関士資格保持者)が中国から日本への商品到着までワンストップで対応しております。運送でのコストダウンなどの提案も行なっております。

中国 義烏(イーウー)からの仕入れ・輸入総合案内 > 日本営業担当者の独り言

日本営業担当者の独り言

建築資材、土木資材、大量資材の輸入について

自然災害や、東京オリンピックが近いことから、建築、土木関連の工事が増えても、資材高騰のため工程が遅れたり、入札ができないというニュースを耳にします

特に公共工事は信頼のある材料を使う必要があるため、今までと違うところからの材料調達には躊躇される業者も多いことと思います

円安とは言え、国内商品よりも輸入商品のほうが安くなる場合もあります

もともと、輸入した資材を日本で販売している業者が多いわけですので、円安の場合、販売価格も高くなります

 直接輸入するのが一番安いと思います

資材が中国国内で調達可能な場合は中国からの船便での発送や通関代行も可能でございます

 

ある設備資材をコンテナで一度に数本、日本にまとめて注文されている業者もおられます

検討をご希望の資材などございましたら、お気軽にお問合わせ下さい

資材工場などが具体的に決まりましたら、素材や規格などをご確認して頂き、輸入の手配などさせていただきます

 

 

弊社はコンテナでの輸入のような大型、大量の商品にも対応

輸入代行というとネット販売用の商品の輸入を想像される方も多いですが、弊社はソーラーパネル用の鋼材をはじめとする建築資材や、量販店チェーン店の商品、レストランチェーン店の食器などコンテナでの輸入代行も行なっています

中国から資材などを輸入したいがどこに頼んだらよいのかお困りのお客様がおられましたら、お気軽にご相談ください
商品探しからOEMまで、中国現地スタッフとのネットワークでご要望にお応えいたします

 

PVC%C1%A1%B0%DD%CA%E4%B6%AF%A5%DB%A1%BC%A5%B9_R.jpgPVC繊維強化補強ホース

1%C7%AF%C2%D1%B8%F5%C0%AD%A5%D5%A5%EC%A5%B3%A5%F3_R.jpg1年耐候性フレコン

%C5%DA%C7%B9%C2%D1%B8%F5%C0%AD3%C7%AF_R.jpg3年耐候性土嚢

%A5%BD%A1%BC%A5%E9%A1%BC%A5%D1%A5%CD%A5%EB%A3%B1_R.jpgソーラーパネル鋼材

%A5%BD%A1%BC%A5%E9%A1%BC%A5%D1%A5%CD%A5%EB%A3%B2_R.jpgソーラーパネル設置後

ソーラー発電資材、土木、建築資材の輸入代行

家庭用ソーラー発電についてはTVのCMでも毎日見られるようになり、ソーラー発電が日々身近になっています

年々、日本の幾つかの企業からも、より高性能なものソーラーパネルが発売されてきています
家庭用だけでなく、工場用や売電用に大きなソーラー発電システムを計画されている方々も多いようです
 
大きなソーラー発電システムを作るには、勿論ソーラーパネルも必要ですが、それらを設置するための土台などの資材も必要です
 
日本では土台などの資材は価格が高いので、中国から輸入を行ない、設置費用を抑えたい方も多いと思います
IMG_15122014_114052_r.jpg
ソーラー発電設備の例(弊社が実際に輸入代行商品した商品 40ftコンテナで輸入)

このように大きく重い資材は、中国の工場で直接コンテナに積み、そのまま船で運び、ご希望の場所までコンテナのままお届けします(荷降ろしの場所によりトラックで直接運べない場合もあり)ので、途中の荷降ろしによる破損や荷崩れも少ないです。


DCIM0295_r.JPG
ソーラー発電設備の例(弊社事務所近く  弊社の輸入代行商品とは関係ありません)

DCIM0298_r.JPG
ソーラー発電設備の例(弊社事務所近く  弊社の輸入代行商品とは関係ありません)

DCIM0300_r.JPG
ソーラー発電設備の例(弊社事務所近く  弊社の輸入代行商品とは関係ありません)

 
ソーラーだけでなく、
弊社は建築、土木などの資材の輸入代行
を行なっております

ご興味のある方はお気軽にご連絡下さい

義烏のホテル

いつもは、日本でお客様に義烏や他の市場のアテンドスケジュール作成や、中国で仕入れをされた商品の通関書類の作成などを担当しています。
情報が古くなるので、時々、情報を取りに中国に行きたいのですが、なかなか行けないのが現状です。
 
義烏に行った時は、まずホテル廻りをしています
どのホテルをお客様に紹介するかも自分の目で見ないと安心して
ご案内できないですから。
食事をとる所、コンビニはあるかなども確認事項です

英語の通じるホテルを探すことも大切です

中国の殆どのホテルでは英語も、日本語も通じないです
日本語は通じなくても英語が何とか通じるとありがたいですね。

4つ星位のホテルならなんとか英語は通じますが、200元/泊位では中国語のみです。

日本語の話せる中国人も多いので、ホテルにつとめてくれたら
そのホテルにお客さんを紹介するのにな。。。といつも思います


市場の近くにホテルをとり、気軽に歩いて市場に行けるようにしています
バスも結構 頻繁にあるので、少し離れたホテルでも、それほど時間をかけないで行けるのですが、
帰りが大変です。仕入れに毎日20万人のバイヤーが訪れるそうですから
帰りはタクシーも拾えないです バスも混んでいます
 
市場から離れた少し高いホテルに泊り、ホテルの無料送迎バスを利用するのも
いい方法です 
 

 

市場は楽しい

市場の中は、これでもか と言うくらい たくさんの問屋が並び、たくさんの商品を展示しています

日本でよく見るような商品もあれば、へ〜?というような商品も多くあります

個人的には ラジコンのような玩具が好きですので、ついつい立ち止まってしまいます

造花はお薦め。 品数も品質も納得していただけると思います

 雑貨も多くありますので、雑貨のお店や通販用として中国仕入れを大量に考えておらえる方には目移りが
してしまうのではないでしょうか

シャンデリアやライトについても、かなりの商品が並んでいます
インテリア商品としてもお薦めします

ただ電化製品は日本用の100Vプラグにしてもらえるか、PSEが取れるかどうかも
仕入れの交渉の際には考えておく必要があります

 

  

香港(九龍)から広州東駅への行き方(広州交易会に行くため)

中国から商品仕入れの商品を検討するために、
今回(2014年10月)香港で香港メガショーを見た後、広州交易会を見るために、広州まで移動しました
香港と広州(中国本土)との行き来には、イミグレーション(出入国審査)が必要になります 
国際便での入出国と同じような手続きが必要です
 
香港から広州東駅への行き方
香港から広州交易会の開催されている広州への行き方には、幾つか方法があるようですが、
今回は、一番乗換の少ないように、直通電車(香港紅ハム駅⇒広州東駅)で行くことにしました
  電車の費用は190Hドルです(2014年10月のレートでは 約2660円 )
 
注意することは、 香港から広州に行くにはイミグレーション(出入国審査)が必要だということです。
今回の直通電車の場合は、香港紅ハム駅(ホンハム駅)で、荷物のX線検査や、イミグレーションが
ありますので、電車の出発時刻よりも1時間半分くらいまえには、駅に着くようにしたほうがいいです
また、直通電車は全席指定席です。当日チケット購入をしようとしても、満席の場合もあり、
別の電車になる場合もあります。私の場合も、3日ほど前に駅にチケットを買いに行きましたが
満席で購入できず、1本遅らせた電車になりました(逆に当日はゆっくりと駅に向かうことができました)
 
チケット売り場は紅ハム駅の1Fの改札口に向かって右側のコンビニなどが並ぶ通路にあります
週末は混んでいるそうですが、普段は、数人並んでいるだけでスムースに購入できます
英語が通じますので、中国語ができなくても大丈夫です
 
できれば前日までにはチケットの購入をして、余裕をもって当日、駅に
向かった方がいいです

電車に乗ってしまえば、乗換なしで、そのまま広州東駅(終点)に着きます
深圳の手前でWiFiも繋がらなくなりますので、途中、電車の中でSIMやWifiを
切り替える必要があります






香港(九龍)から深セン空港への行き方(義烏に行くため)

香港から深セン空港への行き方

香港で香港メガショーを見学したあと、義烏の福田市場に行くため、
今回は、香港から深セン空港に移動し、そこから義烏空港に向かうことにしました
 
香港から深セン空港に向かうには幾つかの方法がありますが、
今回はとにかく荷物が多い為、できるだけ乗換などが無い方法でいくことにしました
香港メガショーで参考資料としてパンフレット等をもらったため、予想外の 荷物の多さになってしまいました
 
深セン空港に行くには、 紅ハム駅(ホンハム駅)から電車(MTR)で羅湖駅(ローウー駅)や落馬洲まで 移動して、そこから移動という方法もありますが、
今回は荷物も多く、できるだけ早く深セン空港に行くことが目的なので、
直通長距離バスで移動という方法を選びました
(ただし、深センでバスを降りて、イミグレーション後、深セン空港行きの別の長距離バスに乗り換える必要があります)
 
深セン空港への長距離バスは九龍駅(カオルーン駅)から出ています
DCIM0047_r.JPG
長距離バスチケット売り場は九龍駅(カオルーン駅)の2階

DCIM0048_r.JPG

DCIM0051_r.JPG
チケット売り場と待合室

DCIM0052_r.JPG

DCIM0053_r.JPG
バス乗り場は1階

DCIM0057_r.JPG
バスチケット 九龍から深セン空港まで130Hドル

DCIM0058_r.JPG
海岸沿いを走ります

DCIM0059_r.JPG

深センでバスを降りて、イミグレーションをして、深センから深セン空港行きの
別の長距離バスに乗り換えます
DCIM0060_r.JPG
バスを降りてイミグレーションに続く通路

深センでバスを降りる時に、バス内で、乗り換え用のバスチケットを渡してくれます。
イミグレーションを出たところにある深センのバスターミナルには バスの誘導係(係員)もいるので、乗り換え用の半券を見せれば乗り場を案内してくれます 


DCIM0061_r.JPG
イミグレーションを出たところのバスターミナルの様子

 バスに乗ってしまえば、深セン空港まで直通ですので、安心です 

 
 


DCIM0070_r.JPG
深セン空港の様子
天井も高く非常に明るい感じ
右側の写真は深セン空港の全体図
 
 
DCIM0076_r.JPG
チェックイン

DCIM0078_r.JPG

義烏の福田市場でも新幹線チケットは買える

新幹線のチケットは義烏の福田市場内でも購入ができる

市場の3区  番の出口から出たところの右側に販売所がある
市場内なので義烏で仕入れの途中でも購入できるので、非常に便利だ
ただし、お昼の時間は閉まっているので注意。
営業時間は8:00-11:40と 12:30-16:30
DCIM0185_r.JPG

中国語に自信のないかたは、紙に
1.義烏駅の発車時刻
2.上海虹橋の到着時刻
3.新幹線の番号(例:D98等)
4.1等席か2等席か
を書いて、パスポートと一緒に見せれば、OK
 
DCIM0217_r.JPG
 

商売的には冬はやはり寒くないと

弊社のお客様でここ数年ずっと中国仕入れとして、義烏福田市場でウィンター向けの商品を買っていただいている、大手の卸問屋さんがあるが、ここ数日来からの日本での寒波到来で大変忙しくなってきたとのこと。

やっと12月に入り、寒くなってきたので今年の最後の義烏福田市場への出張が1月にずれ込みそうになるとのことで連絡いただきました 

徐々に寒くなるよりも、急に寒くなる方が売り上げ的にはよくなるとのこと。毎年の気候に左右されるので大変だとは思いますが、やはり冬は寒く、夏は暑いほうが商売的にはよいようです。

そういえば、ちょうど今北北海道の地域の大手スーパーのお客様への船便が税関処理が終わって納品準備をしていますが、 北海道でも北のほうなので気候的には大変で、外部業者を雇って毎年店舗前の雪かきをされているとのことで、寒すぎるのも大変かもしれません。

ただやはり地域にマッチした商品をこちらのお客様も毎年中国仕入れとして義烏福田市場で仕入れされています。

前回福田市場に来られた際にはアテンドをさせていただきましたが、寒冷地向けとして本州で使われる商品とはまた違う商品もかなりあり勉強になることも多いです。

 

 

 

中国仕入れ オーガニックの商品

最近、オーガニックの商品の問い合わせも来ています

染料に有害物質を使ってないとか、綿の製造に農薬を使ってないなど
肌に優しいをテーマに考えられているようです

ここ数十年、アトピーで悩んでいる人も増え、肌に優しい商品が
必要なのでしょう
私の子供も幼児のころ、アトピーに悩まれました
酷いアトピーの症例に出してもいいくらいの症状でした
年齢とともに 少しずつ症状は出なくなりましたが、
下着などにもかなり 気を使いました


お年寄りの方の下着や、病院のシーツなどにも オーガニック商品が
よいのではと思います

弊社は、現在取引をしている中国の工場が幾つかあります
幼児服からタオルやハンカチまでオーガニックを使った商品を製造されています
中国仕入も可能です

中国からの仕入で、オーガニック商品に ご興味がございましたら お知らせ下さい

広州交易会のアテンド

日本のお客様のアテンドで広州交易会に行ってきました

まず 広い!! 常設の市場ではなく、イベント会場で交易会をおこなっているので、義烏の福田市場よりは小さいですが、3つの建物があり、全部回るのに3日はかかるでしょう
幾つかのブースで立ち止まっていたら、1週間あっても足りないでしょうね

中国の企業だけでなく、韓国や台湾など近くの国々からの参加も多かったです
もちろん、視察に来ているバイヤーも欧米も含め 中国以外も多いです
(私も現地では 外国人ですが)

この交易会に出店するのには、高額な出店費が必要らしいです そのため大手の企業も出店しており、義烏の福田市場とは違った雰囲気でした
品質も見た目ですが、かなりいいです
 
中国製品は不良品が多いなんて聞きますが、ここではそんな言葉は出てこないです 日本のお店にそのまま持って行っても十分OKです

弊社では 福田市場など義烏の市場のアテンドをしておりますが、広州交易会も是非 視察される価値はあります
中国仕入れ交渉なども、その会場で出来るし、ブースによっては、サンプルの購入も出来ます
 
名刺を渡しておけば、後日、メールで e-catalogを 送ってくれるところもあります
 
中国仕入で義烏の福田市場に仕入に来られるお客様も多いですが、日が合えば、ぜひ足を伸ばして
広州交易会に行かれるのもお薦めします
 
広州には市場も多くありますので、福田市場とちょっと違った商品を仕入れに訪れるのもいいですね 
 
 





円安により直接仕入れを目指す企業が増えています

最近の円安(2014年後半)により、材料などの輸入価格が高くなり、商品価格にも
その影響が出ています。


中国仕入れを考える方々も円安だから輸入は控えようという考えも持たれるかと思ったのですが、
最近弊社に問合わせが増えてきたのは、
日本での商品価格が高くなったため、直接中国から材料などを仕入れたいというお客様方です
日本の既存企業も資材などの仕入れが中国などの海外で円安で製品価格が上がっているようです。

たとえ円安で材料の輸入価格が高くなってきたとはいえ、商社や問屋経由で仕入れるよりも安いという理由のようです


これまで弊社は独自のネットワークをもとに、法人専門に、輸入やOEMなどをおこなってきました。
長年の経験から、きめの細かい対応ができる体制をベースに、新規に中国仕入れを考えておられるお客様方のフォローをして行きます

輸入商品探しや輸入、OEM, 中国でのアウトソーシングなどご質問やお問合わせは
ご遠慮なくご連絡ください

上海から義烏へ―2014年12月より新幹線の時刻が変わった

上海から義烏に来られる方法として、上海虹橋(シャンハイホンチャオ)の駅から新幹線で義烏まで新幹線で移動すると言うのが一般的です
新幹線は今までも時刻表の変更がよくありました
しかし、この度、大きく時刻表がかわりました

上海虹橋駅から義烏駅への時刻表. (注)2014/12/16現在

今までの新幹線では約2時間30分位かかりましたが、今度は約1時間35分になり、1時間も早く義烏に到着することができるようになりました
 
 
上海に到着する飛行機の関係で、上海に1泊して翌日朝1番の新幹線で移動しても義烏駅に着くのは朝9時半ごろで、市場に着くのは10時でした。
今度は朝8時半には義烏駅に着きますので、義烏福田市場が開く時間(午前9時)に間に合うようになりました
大変便利になりました
 
 
また、上海虹橋駅から義烏駅までの新幹線の最終新幹線も、今までは15時半または16時半ごろが最終でしたが、今度は21時過ぎまであります
 
 
飛行機の関係で午後に上海浦東空港に着いても、夜は遅くなりますが、とりあえずその日のうちに義烏に到着できます

新幹線の時刻表はよく変更がありますが、一時的でもこのように変更になったことは有り難い話です

もちろん、義烏福田市場からの帰りの新幹線(義烏駅から上海虹橋駅への新幹線)の時刻表も変わりました

義烏駅から上海虹橋駅への時刻表. (注)2014/12/16現在

今まで朝9時半からお昼まで新幹線はありませんでしたが、今回は16時代以外毎時間あります

この中国新幹線の時刻変更により義烏福田市場への行き方もだいぶスムースになりました

新幹線の時刻を調べるサイト

弊社では 福田市場を中心として市場のアテンドを400元(9時〜17時)で行なっております

アテンド、OEMなどのご質問、お問合わせはお気軽にご連絡ください

中国各地の交易会や展示会に出展している企業について

中国仕入れに興味のある方からOEMの問い合わせが 最近多くなっています
少しでも付加価値を増やしていくためあるいは差別化のためには オリジナル商品を
作ったり、品質の良い商品を仕入れたりと
いろいろな工夫があると思います

義烏に事務所があるため、OEMなどのお問合わせがあると
多くのメーカーや問屋が中国各地から集まっているため
当然ですが義烏を中心に探し、もし無いような場合には アリババ等で
差別化できる商品作りのために企業を探すこともよくあります。

中国では 幾つかの都市で 交易会があります
上海交易会、 広州交易会 など。。。。

これらの交易会に出展している企業は中国が中心ですが
台湾やベトナムなど幾つかのアジアの企業もあります
交易会を見学に来るバイヤーは欧米をはじめとする海外から
多いです、

交易会に出展している企業は彼ら海外からのバイヤーに
輸出を目的にしています
欧米の高い品質要求に耐えられる商品を作り、
また商品の発送の際の箱詰めにも、注意しています

弊社は各地で行なわれる 交易会にも見学に
言ったり、日本からのバイヤー様のアテンドを行っています

交易会に出展している企業を紹介することも可能です

義烏の福田市場にない商品を探したり、さらにパフォーマンスの高い
商品を探したりする お手伝いも可能です
 
中国仕入れによるOEM商品などにご興味がございましたら 弊社営業担当までお気軽に
お問い合わせください 
 
 

中国から輸入ができるメリットを活かそう

中国などから商品や資材を日本に仕入れ(輸入し)、日本で人件費をかけて箱詰めして販売、またはそのまま販売をされているのが一般的だろうと思います 

中国は日本における人件費や仕入価格が安いというメリットを、一般のネット販売においても利用していく必要があります

当社においては、中国に事務所があるので、中国で安い人件費で商品の箱詰めをして日本に送るということも可能です

中国からの送料が高いか、それとも、日本での人件費が高いかという点が分かれ道かも知れませんが、資材の種類などは中国に豊富にあるので、箱詰めなどアウトソーシング的な対応やFBA的な対応は十分可能です

インターネットで、中国のサイトを見れるのと同じように、中国でも日本語のサイトを見たりやプリントができます

箱詰めだけなく、取扱説明書を日本語で印刷したものをセットしたり、顧客に挨拶文や礼状など手紙を入れるなど、付加価値を付けていくことも可能です 

パッケージの箱を中国でOEMで作って日本に送るよりは、中国で作って、そこで商品の箱詰めを
して日本に発送したほうが、箱の送料や箱詰めの人件費、検品作業などの経費と時間の削減につながる場合もあります

輸入してただ販売ではなく、中国から輸入できるというメリットをもっと活用していきたいものですね

バニラ成分が入っている商品の輸入には気をつけよう

香りのよいバニラは、食品を初め、アロマオイルなど香料にも使われています
バニラの成分の入っている商品の輸入には気をつけましょう

天然のバニラは、あのワシントン条約の対象になっています
希少動物の保護などでワシントン条約を聞いたことのある方も多いと思いますが、実は天然バニラもその対象になっています

成分にバニラ 何mg などと書いてあると 通関で 即、調査対象になります
人工栽培したバニラから作ったものならば、いいですが、
成分が天然バニラのものか、栽培をしたバニラから作ったものかを明示するために、
中国などの工場に問い合わせをして、現地工場での証明書を発行や製造工程表の提出をするなどの必要ができてきます
書類が揃わない場合は、もちろん、輸入ができませんので、中国に送り返すか、廃棄処分することになります(もちろん 費用も発生します)
 
 
こんなに日常化しているバニラなのに、不思議に思う方もおられると思いますが、
このような苦い経験をされた方々のサイトを検索できますので、一度 検索をされるとよいと思います
検索ワード 通関 バニラ
 
 

新年あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

旧年中は弊社をお引き立ていただきありがとうございました。

弊社のモットーである、「お客様のご成功こそが弊社の成功につながる」を大事にして

これまでお世話になっております既存のお客様はもとより、

今後中国仕入れにご興味のある皆様にも有益な存在でありつづけられるように

中国(義烏事務所、広州事務所) および日本スタッフも努力してまいります。

日本では4日まで、また中国では本日1日から3日までは休みではございますが、お問い合わせは

随時受付させていただいております。

お気軽にお問い合わせなどございましたらいただけましたら幸いでございます。 

本年も変わらぬご愛顧とご指導をよろしくお願い申し上げます。 

 

スタッフ一同

 

単発的な中国からの輸入(仕入れ)の相談

選挙用の掲示版の注文


先日、日本のある業者から相談がありました
日本では昨年末も衆議院の選挙があり、今年も地方選などが予定されています
選挙というと立候補者のポスターを貼る掲示版。
各地に掲示されるため、その掲示版の枚数もけた外れです。
1カ月程しか使われないので、中国からの製品を安く仕入れ、経費を
抑えたいとのことです

弊社では このように中国からの輸入などのご相談にも
応じています

お気軽に御相談下さい
日本国内 営業担当直通 080-4290-8983

増えてきたOEM希望のお客様-中国義烏仕入れにも変化が

中国輸入をして、日本国内でネット販売。一つのビジネスモデルとして多くのかたが、行なわれていると思います
ECサイトを見ましても同じような商品が多かったり、GOOGLE等で画像検索すると類似商品が多く見られます  しかし値引き合戦にはまると、利益は難しくなります

最近、弊社へのお問合わせとして、ハンドメイドによる少量製造や、OEMの工場の紹介相談や、FBAやダイレクト発送などの相談が多くなってきました
 
ハンドメイドや高付加価値商品が作れる工場も中国に増えてきており、要望に応えられる差別化商品できるOEM工場も幾つか紹介させて頂いております

上海、広州、香港などでの交易会などに参加して、品質の高い雑貨などを扱う工場などとの交渉など、義烏に限らず広く各地の工場と情報交換をおこなっております

工場ですので、やはりロットは大きいですが 品質は日本でも問題の無いものも多く、また単価は高くてもその分充分な利益を望めるものも多くあります

単価が安くて送料の方が高くなり、利益が全く出ないよりも、高品質の商品を安心して仕入れ、それなりの利益を出していくと言う方法もあります

消費者は、いい物にはお金を出しますので、『義烏の商品は安いが品質に不安がある』 というイメージから 義烏をはじめ『中国には日本に通用する品質の良い工場があり、利益率の高い商品も多くあ』というイメージに変わってきています

PSEマーク 流行りの自動カールドライヤー

PSEマーク 流行りの自動カールドライヤー

数年前から日本での流行であるが、自動カール機能付きのドライヤー
日本独特なものは除き、日本で売られているものは義烏の福田市場にも
かなりあります
DCIM0108_r.JPG DCIM0109_r.JPG
勿論 このタイプのドライヤーも置いてあります(日本より早いかも)
ただし電化製品の場合は100V対応かコンセントは日本用か等の
確認が必要です中国は220Vでコンセントのタイプも異なりますので、
注意する必要があります

220V用ならば1個単位で販売可能でも
100V用は変更しなければいけないため、ロットが大きくなる場合も
あります
 
なお、電化製品を日本で販売するには 日本の電気用品安全法に基づく表示(PSEマーク)
の表示が必要となります
PSEマーク付きの商品も義烏には幾つかありますが、電化製品の
輸入には事前確認が必要です
 
実際の所、PSEマーク無しの商品を販売して、発火などがあった場合
責任問題に発展する可能性が高いので、中国に限らず、海外からの電化製品の
個人輸入には注意が必要です

オーガニックタオルなど アトピー用や高級商品の中国仕入れ

アトピー皮膚炎など、幼児や子供たち、最近は大人でも悩まされている人が多くなっています

原因は食べ物とか、ダニだとか色々言われますが、なかなか治らず、ついつい掻いてしまい
炎症が悪化する場合が多々あります

 

オーガニックのタオルやガーゼを使ったからと言って、炎症がすぐに治るとかということでは ないですが、少しでも肌に優しい生地を使ったものを周りに置きたいものです

オーガニックのタオルは農薬を使わない、染色にもオーガニックの物を使い、化学物質を 一切使わないものです 勿論、その分 高価になりますが、かと言ってタオル一枚が 何千円もするものではありません

中国にも、きちっと生産管理がされ、国際的な製造証明書などの出せる工場も多くあります また、日本の大手通販業者にも出荷実績のある企業も多くあります

 

中国仕入れで、既存の商品を輸入するだけではなく、ギフト用にオーガニックのタオルやシーツに付加価値を付けて販売を考えておられる方や、アトビー用として大量に中国仕入れを考えておられる業者のかたは 是非お問合わせください

アリババやタオバオから購入したくても中国語がわからない

アリババやタオバオから商品を仕入れようした時
お困りのことはございませんでしたでしょうか

特にアリババの場合、商品について問合せのメールの書き込みのできる欄があります
日本語でもOKなのですが、どうやらアリババでは、自動翻訳を通してメールやり取りをされているようです
 
しかし、残念ながらとんでもない日本語で返答メールが返ってきて意味がわからなりことが多々あります
特に一番大事なお金や納期についての返事が不明な日本語だと不安を覚えます
 
私の友人も利用したそうですが、意思疎通ができなく途中で中国仕入れをあきらめたそうです


弊社は中国にも事務所を持ち、通訳レベルの現地スタッフが大勢いますので、アリババやタオバオとのやり取りや交渉も代行でさせていただきます

せっかく気になる商品を見つけたり、OEMで商品開発をしようと思ったのに、言葉の問題だけであきらめるのは勿体ないです

弊社に商品や会社のURLなどを教えていただければ、弊社現地社員が、代行で商品取寄せやOEMの交渉、場合によってはその工場の見学交渉などさせていただきます

弊社は単に商品の輸入代行業者ではございません
なにかサポートして欲しいことがございましたら悩まないでご相談下さい
一般的な相談料は無料です 

商品購入や輸入、商品開発などでお困りでしたらお気軽にお知らせください

義烏の福田市場はどんなところ?

中国からネットショップの商材や、企業などで扱う資材などを輸入される方も多いですが、
初めての方にとっては、どのようにして輸入したらよいかとか
どんな商材(資材)があるのか見当がつかない
のではないでしょうか

『百聞は一見にしかず』 とは言っても旅費もかかるし時間もかかりますので、
そんなに気軽にちょっと行ってみるということはできないです

 弊社は日本からのお客様を義烏(いう)の福田市場(ふくだいちば)に商品買付け等のアテンド(通訳、ガイド)を行なっております義烏の福田市場の様子は ホームページなどでも紹介されていますので、一度ご覧になられるとある程度想像ができると思います

yiwugou.png ←←←義烏市の福田市場のご案内サイトです

福田市場の規模や、福田市場内のどこに、どのような分野の商品があるかがわかります
どのような商品がいくら位で仕入れることができるか、ロット(一回当たりの最低数量)は
何個位からかの参考になります

このサイトのトップページの『巨便宜』をクリックすると 格安の商品の一覧が表示されます
このサイトからは直接注文はできませんが、弊社にご連絡頂ければ
取寄せ、発送代行を致します

ご質問がございましたら お気軽に弊社までお問合わせ下さい

 

 この市場は非常に広く、普通に市場内を歩いていても1週間はかかります

市場のガイドがいないと迷子になったり、無駄に歩きまわり疲れてしまいます


義烏 福田市場のご案内

法人によってご希望の商品内容は多種多様ですが、
まずは御社の商材(資材)の仕入問屋として、お気軽に輸入のできる問屋が
中国の義烏に存在する
として、お考え頂けるとよいと思います

商品の調査や輸入代行を弊社がドアツードアで御社まで商品をお届け致します
 こちらのサイトを参考にして頂き、御社のご希望されている商品を具体的にイメージして頂くと、商品探しのご依頼も し易いかと思います

 勿論 このホームページ以外にも商品はございますし、またOEMなど希望に合わせた商品製造も可能でございます

 お問合わせや ご相談は お気軽に弊社までお知らせくださいませ

 

弊社の業務について

弊社の代表的な業務内容をご案内致します



★アテンド業務
義烏(いう)の福田市場(ふくだいちば)をメインにアテンド(ガイド、通訳)を行なっています
中国現地スタッフは正社員として多くの日本人のアテンドをしていますので、言葉で困ることはありません

 



 
そのほか
・上海浦東空港へのお迎え
・新幹線のチケット手配
・ホテルのご案内
・夕食のご案内 (ディナーアテンド)など

もサポートしておりますので、安心して商品買付けなどに
専念できます


市場でお求めになられた商品は
後日、日本への発送(航空便、船便)や
日本に戻られてから商品代の振込みも可能です



★OEMなど自社ブランド製造のサポート

OEM2.JPG
オリジナル商品の製造について、問屋や工場との交渉も可能です
製造までの流れ
見積り(概算) ⇒ サンプル製造 ⇒  修正 ⇒ 見積り  ⇒ 本製造 ⇒ 日本への発送




今までのOEMの例
手袋、スカーフ、ブーツ、本革製品(財布、バッグなど)、ユニフォーム、婦人服、デニムパンツ、バッジ、ベルト、手提げ紙袋、紙箱、販促用ボールペン、携帯ストラップなど

 



★輸入代行業務

kousyuu5_r.jpg

タオバオ、天猫、アリババなどのECサイトからの輸入代行を行ないます
ECサイトからだけでなく、義烏福田市場からの商品輸入代行も行なっています

商品のURL,色、サイズ、数量などの商品情報をメールでご連絡頂ければ、 商品を取寄せ、発送致します(商品代金などは先払いでお願い致します)

 



★タグ付け、取扱説明書などの翻訳業務

tag_r.jpg
オリジナルタグ、洗濯タグなどの取りつけや、PP袋への袋詰め、商品セット商品のセット業務、FBAへの発送代行業務をおこなっています 

 













★義烏以外の市場(いちば)、交易会などのアテンド

kousyuu9_r.jpg
上海、広州、香港などでは、年に数回、商品の展示会が開催されています
義烏の福田市場にない商品や、欧米向けの商品など数多く紹介展示されています
展示会会場で、商品の輸入交渉なども可能ですので、是非お薦めします

また、義烏には福田市場以外にも、食品関係や家具関係の市場(いちば)などがあります
アテンドも可能ですので、ご希望のかたはお知らせ下さいませ



★輸入などのご相談窓口業務

建築資材、土木資材、家具類、ソーラーパネル用土台、植物工場用資材などはサイズや重量が規格外なので空便での輸入は難しいです
船便で専用コンテナでの輸入、通関、食品検査など、お困りな点などございましたらご連絡下さい



★アリババ等からの輸入代行

tobao.jpg
アリババのサイトは日本語化されており、検索などは使い易くなったものの、タオバオと異なり商品の価格や最低注文数などの表記が曖昧になっています


メールなどでの問合わせができるようになっていますが、自動翻訳をされているようで、なかなか意思疎通が難しく途中で諦めた日本のお客様も多いそうです


弊社は中国に事務所があるため、価格や最低数量の代行調査やOEMの交渉、代行輸入をお客様に代わってさせて頂いております

 その他、お困りな点などございましたら、御相談下さい

 

 

 

 

 

aparel5_r.JPG

futian2.JPG
kousyuu3_r.jpg

OEM.jpg

 

 

 

 

 

 

3月からのネット商品 水着の仕入がピーク

3月になり春が、もうすぐそこに来ています

 この時期になると 夏の販売をにらんで 水着などの仕入の依頼が

多くなります

 水着は毎年買い替えたり、数年で買いかえるひとも多いので、

6月ごろになると非常に多くネットショップのサイトで売れているようです。

 季節物ですので、8月になると パッタリと売れなくなるそうですが、

この春先から仕入とショップサイトにアップロードのピークになります

 中国にもタオバオをはじめアリババ、義烏の市場の問屋などからの仕入についてご相談などございましたらご連絡をお願い致します

w531-2.jpg

 

 

 

 

最近多いタオバオやOEMの依頼

義烏の福田市場にはたくさんの商品があり、日本で販売されてない商品や安い商品が数多くあるが、難点はロットで購入しなければいけないということです。
勿論、ロットとはいっても、商品によっては1個とか数個からの物もありますが、物によっては 数千個というのもあります

 タオバオやアリババでは1個から購入出来るものも数多くあり、少量多品種ということで、1個ずつ数十種類の購入依頼をされるお客様もおられます 1個からの商品ですので、単価もその分、高くなります

 最近はOEMで商品を作られたり(ロットは多いですが)、オリジナルブランドのタグを作り アパレル等の商品につけるなど、付加価値を付けることに力を入れておられるお客様も増えてきました 多少仕入が高くなっても、オリジナル商品として販売することで、各商品のもっている良さをアピール等して差別化をはかっておられるようです

アパレル関係のオリジナルタグ、洗濯タグの製作や、その縫いつけなどに興味のあるかたは 弊社までお問合わせ下さい 

関税について

商品等を輸入するときに、気になるのは送料や関税です。
特に関税は商品を引き取る時に請求されますので、予想外だとびっくりしてしまいます
表にあげてある商品は一般的なものです。一つの目安としてお考えください
なお、商品によっては食品検査や動植物検査などもあり、別途検査費用がかかりますので、お求めの際は、アテンド担当者や弊社までご相談ください(税関ホームページより引用)

 

区 分

品 目

関 税 率

衣料品

毛皮のコート

外衣類、下着類

Tシャツ

水着

ネクタイ(織物)

マフラー類

20%

5.3〜12.8%

7.4〜10.9%

8.4〜10.9%

8.4〜13.4%

4.4〜9.1%

ハンドバッグ

革製

8〜16%

アクセサリー

金製、銀製、プラチナ製、貴石製品

5.2〜5.4%

時 計

腕時計、その他の時計

無税

機械類及び

電気機器

パソコン

デジタルカメラ、ビデオカメラ

無税

無税

楽 器

ピアノ、弦楽器、吹奏楽器

無税

記録物

ブルーレイディスク、CD

書籍、雑誌

無税

無税

印刷物

楽譜、ポスター、複製画、カタログ類

無税

美術品

肉筆の書画、版画、彫刻

無税

化粧品

香水、オーデコロン、口紅、マニキュア用品、化粧水

浴用化粧石けん

無税

無税

がん具

がん具(人形を含む)

無税〜3.9%

スポーツ用品

レジャー用品

乗用自動車、オートバイ

モーターボート、ヨット、カヌー

スキー用具、ゴルフクラブ

釣り用具

無税

無税

無税

3.2%

履物

甲が革製又は甲の一部に革を使用したもの

30%又は4,300円/足のうちいずれか

高い税率

家具類

腰掛け、家具(事務所・台所・寝室用)

無税

床用敷物

じゅうたん(綿製、羊毛製、人造繊維製)

6.3〜8.4%

台所及び

家庭用品

プラスチック製

陶磁製

ガラス製

ステンレス製

無税〜3.9%

寝具類

毛布、ベッドリネン

マットレス、ふとん

3.2〜10.9%

飲料

茶葉(ウーロン茶、紅茶)

コーヒー豆

ミネラルウォーター

清涼飲料水

3〜17%

無税〜12%

3%

9.6〜13.4%

洋酒類

ビール、ウイスキー、ブランデー、リキュール

ワイン

 

無税

45〜182円/l

菓子類

チョコレート菓子

砂糖菓子(ホワイトチョコレートを含む)

クッキー、ビスケット

アイスクリーム

10%

24〜25%

13〜20.4%

21〜29.8%

肉、魚介類

調製品

ソーセージ

魚類缶詰

かに缶詰

10%

9.6%

5%

チーズ

チーズ

22.4〜40%

たばこ

たばこ

無税〜29.8%

ペットフード

ペットフード

無税〜36円/kg

(注)この表は、個人輸入者の関心が高いと思われる代表的な品目について、その関税率を示したものです。
関税率及び各品目の関税率表上の所属区分は、原産国、品目の材質、加工の有無及び用途などによって大きく変わることがありますから、この表の関税率がそのまま適用されるとは限りません。一応の目安とお考え下さい。

世界最大のギフト・イベント Hong Kong Gifts&Premiun Fair

 
香港で世界最大のギフト・イベント
Hong Kong Gifts&Premiun Fair
期間 2015年4月27日から4月30日
が開催されます
http://hkgiftspremiumfair.hktdc.com/dm/2015/lapsed/index_jp.html

義烏にもたくさんの商品が揃っていますが、
ギフト商品に特化した世界最大の展示イベントです

商品に付加価値をつけるにはギフト商品にするというのも
一つの方法だと思います

このイベントには現地中国、香港だけでなく、アジア、欧米、中東など
様々な国のかたが商品の買い付け商談に来られます
海外向けに専門に出している工場(企業)だけあって、品質もかなり
いいという印象です

中国仕入を考えておられる方や、今までとちょっと違った商品の輸入を考えておられる方には、是非見に行かれることをお薦めします(入場料は無料
 
 
 
日本(大阪)からはPeachなど格安航空もあり、香港島から少し離れた所なら、安いホテルも多くあります
当社では 義烏だけなく、上海、広州、杭州、香港などのアテンドも行なっております
 

4月27日から行ってきます
帰国しましたら、報告します


香港のギフトショー

4/27から 香港でギフトショーがあります


広州の交易会と同様、世界各国からバイヤーが来られています

各ブースに紹介されている商品を見ると、これはヨーロッパのお土産では?と

思うようなものもあります

ヨーロッパに行った時、お土産に Made In Chinaと書いたものもあると

いうことを聞いたことがありますが、まさに その商品!という感じでしょうか

でもいい方を変えると、品質がヨーロッパで受け入れられる位のものでもあると

いうことです

 上海、香港、広州など各地で世界的な規模のショーが開催され世界のバイヤーが

たくさん来られています ここに来られる方は個人ではなく、ザ・バイヤー  商社といった

感じです 中国仕入を目的に世界各地から集まるバイヤー達  真剣に各ブースの担当と

交渉している姿を見ると身が引き締まる思いです 

半年ぶりの香港、新たな面白い商品がないかと 楽しみにしています

 また報告しますね

 

 

広州交易会 広州への行き方

広州空港から広州東駅への移動

 広州では広州交易会と呼ばれる展示会が年に2回(春と秋)に開催されています

 出店はアジア中心ですが、オーストラリアやカナダなどアジア以外の国々も参加しており、 この交易会に合わせて、世界各地のバイヤーたちが広州に仕入れに集まり、国際色豊かな広州というイメージが高くなります。

この交易会に限らず、広州には中国を代表する大きな市場が各地にあり、年中を通して、日本からも多くのバイヤー達が、中国からの仕入れの為、足を運んでいます 浙江省の義烏にも福田市場と言う中国最大の市場があります。福田市場の場合、いろいろな分野の商品が福田市場にまとまっていますが、広州の場合はそれぞれの分野ごとに分散いています 広州はアパレル、アクセサリーなどの問屋が多いです

 

l広州に入るには、幾つかのルートがありますが、・広州白雲空港から広州に入る方法と、・香港などから電車(MTR)で入る方法が一般的です

●広州白雲空港を利用する方法
日本から広州白雲空港には直行便もあります 広州白雲空港は市街地から離れていますが、市街地に繋がる直通の地下鉄があり 7元(137円くらい)で広州東駅についてしまいます(約1時間)
地下鉄3号線で 空港南駅~広州東駅。

train-mapGuangzhou.JPG

●電車(MTR)を利用する方法
香港から入る場合は香港のホンハム駅から、これもまた直通の電車(MTR)が 走っており2時間位で広州東駅に到着します ただしホンハム駅からの場合は、海外に行く時と同じように、 香港で出国手続きや広州東駅での入国手続きが必要になります
ホンハム駅では遅くても45分前には荷物検査の改札口を通るようにしましょう (実は結構早く済みますので、入国手続き後、電車が来るまで30分位待たされます)

MTRTicket_r.JPG
チケットは日本からネットで予約も可能(ただし、1カ月前から予約可能。 手数料9HKDかかる)

MTR チケット予約サイトおよび 時刻表

予約した時、送られてくるメールを切符売り場で見せると切符と交換してもらえます

今回、私の場合は香港から広州に入り、帰りは、広州空港から帰国のルートを使いました

中国仕入れ 広州交易会2015 5月

広州交易会
guanzhou-fair.jpg
 
中国仕入れされる方でも特に中国で有名な交易会(展示会)は 上海、広州、香港で開催され、その一つが広州交易会です
中国輸出入商品交易会、広州交易会とも略称されており、1957年の春に創立され、毎年の春と秋に2回、中国広州で開催されています
広州交易会はすでに50年以上の歴史を有し、中国で歴史が最も長く、規模も最も大きい、
商品種類が最も揃い総合的な国際貿易盛会です
 
広州交易会 ホームページはこちら 
 
今回は4月末から5月にかけて3期(一期5日間ずつ)に分けて分野ごとに行なわれます

★会場 中国輸出入商品交易会展示館(中国広州海珠区閲江中路380号)
★開催機関
第一期 4/15-4/19
電子及び家電類; 五金工具類; 機械類; 車両及び付属品類; 建材類; 照明類; 化工製品類; 

第二期 4/23-4/27
日用消費品類; 贈り物類; 住居装飾品類

第三期 5/1-5/5
紡績服装類; 靴類; 事務、バッグ及びレジャー用品類; 医薬及び医療保健類; 食品類
 
★会場への行き方
広州の少し大きめのホテルから無料の送迎バスが出ています
または地下鉄8号線で琵州(Pazhou)駅、新港東(Xingangdong)駅が最寄りの駅です
(広州東駅⇒客村(KeCun)駅(3号線)で 8号線に乗り換え 琵州駅または新港東駅下車)
 
 
★申し込み方
入場するには事前にメール等で申し込みますが、写真付きの名札(バッジ)の発行が
必要です 現地での発行では写真を撮ったり、申請書の記入などで1時間程時間がかかります
次回からはその名札(バッジ)が使えるので、申請等必要なく即入場できます
KIMG0005_r.JPG

KIMG0006_r.JPG

KIMG0008_r.JPG

KIMG0013_r.JPG

KIMG0014_r.JPG

KIMG0022_r.JPG

天馬国際時装城

天馬国際時装城

アパレルの問屋といえば広州

広州にはアパレルの市場が数多くあります

通りを歩いていても、ちょっとした裏道にもあったりとかします

この天馬国際時装城も有名な最大規模の服問屋です
地下鉄の広州駅から徒歩5分くらいのところです

 女性のお客さんが多く、女性のアパレルのフロアーはお客がいっぱいなのに、男性用のフロアーはガラガラ問う感じでした (たまたまかも知れませんが)

単品での購入もできるので、単価は高く設定されていますので、
目利きのできるバイヤーならばかなりいい商品が眠っていると
思います
義烏の福田市場と違い、市場の建物が点在しています
中国仕入れで、アパレルを考えておられるバイヤーのかたなら
ただ歩いて見ているだけでもウキウキしてしまうのではないでしょうか
それだけ、商品の種類は豊富です


この市場だけでもゆっくり見たら一日必要です

アパレルだけでなく、アクセサリーや靴などもあります

中国仕入れで、義烏の商品にすこし飽きてこれたかたに、おすすめです





KIMG0183_R.JPG

KIMG0184_R.JPG

KIMG0185_R.JPG

KIMG0188_R.JPG

KIMG0195_R.JPG

KIMG0187_R.JPG

KIMG0159_R.JPG




中国輸入 大型商品やOEMについて

中国からの輸入(中国仕入れ)において、雑貨などの商品やアパレル関係、コスメ関係など、いろいろな商品をお考えのかたがおられます

その中で、変わったものとして、ゲームセンターなどや書店、レンタルビデオ店などの店頭に

ちょっと置いてあるUFOキャッチャーなどの娯楽機も、いかがでしょうか

中国にも日本の規模ほどではないですが、ゲームセンター(どちらかというとネットカフェ)のような娯楽施設があります ネットゲームがメインですがアリババなどで検索すると
UFOキャッチャー(クレーンゲーム)の機械が多く販売されています

中国仕入れというと最低数量が気になりますが、これは1台からが多いです

 

UFOキャッチャーに限らず、変わった商品の仕入れも 別カテゴリとして検討が必要な時期にきているのかも知れません

 

 

大型の商品輸入

中国からの輸入(中国仕入れ)については、雑貨やアパレル関係だけはなく、

ガーデニングやエクステリア関係の資材(レンガや柵 ガーデンアーチなど)などもあります

これらは少し大きいので、コンテナでの輸入になりますが、雑貨などのように

航空便(EMSなど)で送るよりは 安くなります

 

これらの商品以外として

防草シート、人工芝など

家庭菜園用の温室やビニールハウス用資材など農業用の材料

家具やガーデニング用のテーブル

なども挙げられます

 

今 ブームでこれからも続くであろう 家庭用栽培や植物工場の資材、インテリアとしてリビングなどに置く、LED植物栽培キットなども面白いと思います

 

義烏の福田市場やアリババなど 中国の商品がいろいろありますので、大型商品もご検討することもよいのではないでしょうか 

アリババで見つけた工場への訪問交渉OEM

 

最近のお客様は、
1.タオバオの商品の注文依頼 、発送代行
2.義烏福田市場に来られて直接仕入れ、または日本から追加注文
3.アリババで探した商品の注文依頼 、発送代行
4.アリババで見つけた工場の訪問交渉依頼 直接その工場に訪問してOEMや商品仕入れ交渉

などの仕入れパターンが多いです
特に最近多くなってきたのが、アリババで見つけられた工場に訪問したいので
アポを取ってほしいという依頼
です


たとえば特に義烏はアクセサリーの分野で有名です(香港ギフトショーや、広州交易会に出店してる義烏のメーカーが多い)が、烏の福田市場にも出店していないメーカーも多いです


福田市場の近くでも そのようなメーカーが多いので、

福田市場には無い商品、
OEM
ちょっと変わった商品などを

直接メーカーから仕入れることによる交渉などを望まれているお客様も多いです

弊社は義烏に事務所があるため、そのような交渉が可能です


単に商品を仕入れて販売するのではなく、現地工場(メーカー)との結び付きを強くしていきたいお客様にへのサポートもしております

 

中国ショッピングサイト

中国のショッピングサイト

中国のショッピングサイトと言えば、タオバオやアリババなどが有名です
他にも幾つかあるので、ご紹介します

もし購入(輸入)したい商品がありましたら、URLなどお知らせください
複数のサイトに またがっても構いません
まとめて中国より発送致します
まとめて発送したほうが、送料も安くなるのでお求め安くなります



こちらも ご参考下さい ⇒⇒タオバオで中国輸入をサポート

 

中国で有名なショッピングサイトのご紹介

中国のEC市場規模は2012年には1兆1,840億元規模、2015年には2兆5,510億元規模になり、米国ECの市場規模を抜くであろうと予測されてい
ます

中国のECサイトはアリババやタオバオだけではないです
他にもたくさんの特徴のあるECサイトがあり、
そこから商品を仕入れるのもいかがでしょうか
輸入のお手伝いは弊社が行ないます

メールでその商品のURLと商品の色、サイズなどの情報、金額などを
送っていただければ輸入代行をいたします

敷居の高かった個人輸入 弊社がぐっと低くして皆さまのお役に立ちます

 

中国で有名なショッピングサイトをご紹介します  

 

taobaobaner.png
 中国最大手のC2Cショッピングモール。
中国最大手のEC事業者である阿里巴巴集団(アリババ)が運営

 

alibaba.png
アリババChinaはタオバオショップオーナーの重要な仕入れサイト。BtoBの商取引に
特化したアジア最大のサイト
製品を持った企業(サプライヤー)と製品を仕入れたい企業(バイヤー)が取引先を
求めて利用するマッチングサイト



tmall.png
 中国最大のB2Cのショッピングモール。高品質、高付加価値商品を求める消費者に人気。 
淘宝网(タオバオ)と天猫(Tmall)の大きな違いは、
CtoCが中心の淘宝网(タオバオ)と、B2Cの天猫(Tmall)です

 

  

中国第2位のCtoCサイト
若い人に人気があり、登録ID数が7億4,170万件ものチャットシステム「QQ」を運営している騰訊(テンセント)が設立。 このQQ会員に商品宣伝情報を送信できるメリットは大きい。財付通という中国オンライン決済第二位の支払方法を使用。価格も安い

 

   dangdang.png

中国独立系のB2Cサイト大手。
中国最大規模の書籍ECサイトで、世界各地の中国人に向けて
30万種の中国語図書とCD・レコードを提供
書籍以外にもアパレル系、小物なども扱っている
中国のアマゾンとも呼ばれる

 

vancl.png
国最大手のアパレル専門B2Cショッピングモール。
自社ブランドの衣料品を自社サイトのみで販売するアパレルEC総合サイト。
オンライン衣類売り上げはトップ で、中国の「ユニクロ」と言われている

 

 

jd.png  
電化製品の中国サイト

 

 

yuipin.png

アパレル系のショッピングサイトとして中国では人気のサイト  

 

qipu.png

上海の七浦路服飾市場の商品を紹介するサイト
七浦路服飾市場は服、靴、かばん、帽子、アクセサリーなど
衣料品が低価格で手に入る服飾問屋街で有名

 

yiwugou.png

義烏市の福田市場は世界最大規模の総合卸売市場と言われ、
中国全土から商品が集まっています
世界中から1日約20万人のバイヤーが訪れると
言われている巨大マーケット(市場)
その福田市場を紹介するサイト

タオバオ 出品をサポート

タオバオへの出品

タオバオは中国の最大インターネットショッピングモールで、
中国ビジネスとして大きな可能性を持ったサイトです

taobao1.jpg

日本でのショッピングモールと言えば楽天やアマゾン、Yahooショッピング
が頭に浮かぶと思います
中国の人口は日本の約10倍、さらに富裕層も日本とはけた違いに多いです

日本の商品はご存知の通り中国で高く評価されています
中国人の日本での「爆買い」それほど日本製品には魅力があるのです
日本に来たお土産に日本の電化製品をはじめコスメ商品その他 山ほど購入して
帰国の空港で大混乱なんていうニュースも毎年のように流れています

同じアジア人、生活パターンに共通する部分もかなりあるのでしょう
中国人にとって、日本は身近な存在なのでしょう


日本の製品を購入されていく、新品商品を購入されていくのも当然ですが、
日本人は商品を大切に使います 中古品でも新品と変わらないくらい傷をつけないように
だいじに大切に扱います
日本の中古品も海外の人たちにとっては非常に魅力のある商品です

バッグや電化製品、カメラなども魅力的のようです
本物の商品を手に入れたいというのも本音のようです

taobao2.jpg

日本ではネットショッピングモールとして、買う方も、売る方も楽天などを利用されて
いるかたも多いと思います


先ほどタオバオは中国で最大のショッピングモールと言いましたが、このサイトに
出品をするのも大きな魅力です


弊社は中国にも事務所を持ち、タオバオへの出品のサポートもしています
写真と商品説明(日本語でOK)があれば、現地中国人スタッフが翻訳、出品を
行います

また、商品購入者とメールのやり取りも中国語になりますが、弊社スタッフが
代行いたします

 


商品購入希望者は日本国内だけではありません


中国最大のマーケットを持つタオバオへの出品をサポート致します

taobao3.jpg

日本製商品が中国人にとって魅力的なものであることは 「獏買い」でも
よく知られています

中国への販売、中国ショッピングモールへの出品は 今まで言葉や商品発送方法などの
壁で、躊躇(ちゅうちょ)されていた方も多いと思います

現地弊社中国人スタッフ(全員日本語OK)がサポート致します

 

出品を考えておられるかたは お気軽にご連絡ください 

 

 

 

中国仕入れ最近のお客様の傾向

最近のお客様の傾向(2015年上半期)

この数年の傾向をみていますと、ネット販売などが急速に伸びたことから
1.義烏福田市場での商品仕入代行やアテンド、
2.タオバオ商品の仕入代行
などの依頼は今後も増えていく傾向です


ここ数年の傾向としては、
1.コンテナなどで大量の商品の仕入れをご希望
2.アリババで工場を調べて直接交渉やOEMの交渉の依頼
3.オリジナルタグや洗濯タグの縫付け依頼
など
をご希望されるお客様が目立つようになっています


理由は
1.コンテナで大量に一括で輸入することで、輸入コストの軽減
2.アリババなどで義烏の福田市場に無い商品を扱うことで、商品の差別化、オリジナル商品開発
3.オリジナルタグを付けてブランド化による差別化
などを目的にされているようです

コンテナでの輸入については造花、雑貨、土木や建築系資材などEMSなど、航空便では送りにくいものが多く 今後は家具関係も伸びていくものと思います(義烏に家具専門の市場ができたため)。特に造花や土木など流行性のないものは、コンテナで一括で仕入れることで、輸入コストの削減をされているようです

また、アリババなどは日本語で検索できるようなアリババサイトもあるため、ここで検索して、弊社に工場との交渉依頼をされていますが、この傾向も高まると思います
特に義烏はアクセサリー系が有名で中国各地で行われている展示会(上海や広州での交易会、香港でのギフトショーなど)では、多くの義烏の工場が出店されています

ネット販売やAmazon FBAなどが多くなり、ブランド性を出すためにオリジナルタグを付ける傾向も高くなってきました

安価な商品の輸入から、 送料のコスト削減、オリジナル商品化 などが 最近の傾向で、今後もその傾向は高まると思います

 

 

アメリカAmazon FBAご利用について

アメリカAmazon FBAご利用について

アメリカAmazon FBAとはAmazonが提供するサービスで、アメリカAmazon倉庫に商品を納品すると、アマゾンがお客様に 代わって商品の注文、発送サービス、商品の保管などをおこなってくれるサービスです

日本でも日本のAmazon倉庫に商品を納品し、AmazonFBAサービスをご利用されているかたも多いと思います 

 

意外とかかる 商品のピッキングから袋詰め、送り状のシール貼りなど、発送の手間や保管にかかわる費用などを極力減らすことができます。

英語ができなくても、アメリカAmazonが受注から発送まで代行してくれるので、安心です 


 お客様は日常の単純業務から 解放され、商品の仕入れや新しい商品開発などに専念できます

FBAを利用する場合、お客様は仕入れた商品に商品番号やバーコードの印刷されたシールを貼り、まとめてアマゾンの倉庫に発送しますが、中国で商品を仕入れた段階で、 そのような作業を代行し、直接アメリカAmazon FBA倉庫に発送または日本の弊社経由でアメリカAmazon FBA倉庫に発送するサービスです

 商品の海外販売については、ebayなどで海外に商品を紹介して、注文があったら日本からその都度日本から発送という方法もありますが、送料をそのたびに購入者が負担するので、当然ながら商品の最終価格が高くなってしまいます

その点 アメリカFBA倉庫に直接発送の場合は、送料が一括で済むので、1個当たりの商品に配賦すると割安になります。また 関税もすでに払い済ですから、購入者にとっては安心して購入ができます  また、出品者は受注メールをチェックして返信する必要もなく、アメリカAmazon が代行してくれますので、売上結果を待つだけで済みます
(注 長期間 売れなかった商品については 商品の返品か廃棄処理をするため その時は費用が発生します 商品の選定は慎重に行う必要があります)

 

 

★ アメリカAmazonFBA倉庫に発送の場合

次の2種類の方法があります
1.中国から直接 アメリカAmazonFBA倉庫に発送する方法
2.中国から一旦、日本の弊社倉庫に送り、商品の確認のうえ、アメリカAmazonFBA倉庫に発送する方法(輸入の際、日本輸入時、アメリカ輸入時で関税がかかり、送料も高くなります)

 アメリカAmazon倉庫に商品を納品する場合は、事前につぎのような準備が必要です 
1.アメリカAmazonに出品手続き

2.アメリカAmazonにFBA手続き

3.アメリカに法人口座の開設(売上がアメリカの口座に振り込まれます)

4.アメリカに通関代行業者との契約(アメリカAmazon倉庫に直接発送はできません。関税の支払いは代行しません そのため、中間に入る業者が必要になります)

 

 

 

1.中国から直接 アメリカAmazonFBA倉庫に発送する方法

処理の流れと手数料

お客様から当社にタオバオなど商品の注文行依頼

商品の注文代行(タオバオ、義烏福田市場などから仕入代行)
商品代の請求書をお送りしますので、振込みをお願い致します

中国弊社事務所にて検品、袋詰めなど作業(必要な場合)
商品シールの貼付け作業

箱に詰め、箱シールを添付
送料の請求書をお送りしますので、振込みをお願い致します

送料お振込の確認後、アメリカAmazonFBAに発送、納品
納品後、関税など送料以外の費用の請求書をお送りしますので、
振込みをお願い致します

 

 料金表

1.商品引取り発送手数料 商品代金の12%
2.中国からのアメリカFBA倉庫までの送料 実費 弊社料金表による
3.FBA基本手数料 0.8元*商品数+0.3元+400元+1000円
【内訳】FBA用商品シール貼作業 0.3元/個
袋詰め(OPP袋代含む) 0.5元/個
FBA用の箱へのシール貼り 0.3元/箱
関税消費税立替サービス 400元+1000円/件
4.アメリカでの関税等輸入税 実費

--------------

オプション費用
1.検品作業 0.8元/個  または 見積もり金額
2タグ付け 1.5元/個
3タグ作成

2000枚で100元 入稿は画像データまたはイラストレータ でお願いします

オリジナルパッケージへ入れ替え 0.5元/個
説明書プリントアウト、(封入 ) 0.5元/枚(原稿はお客様でご用意ください。中国でプリントアウトし封入します)

取扱説明書などの翻訳 (中国語から英語)

翻訳料金 中国語1,000文字あたり、250元
レイアウトは原文に近い(取扱説明書など)ものにしますが、細部は担当者にお任せください
レイアウト料:1ページあたり、5000円

ダブルカートン 段ボール箱代(2重箱)

サイズにより異なります お問合せください

----------------------------- −−−−

 

日本FBA倉庫直送もサポート

 タオバオやアリババ、または義烏福田市場で仕入れた商品を
日本FBA倉庫直送のサポートもしております


購入商品をメールなどで指定していただけるだけで、
商品の取り寄せから、検品、ラベル貼り、日本発送などを
すべて行ないます(FBA用のラベルはメールでお送りください)


弊社が義烏に事務所を構えているからこそできるサービスです


なんだかんだ言っても、中国には安くて良い商品が多くあります
日本であまり見かけないデザインの文房具、雑貨、アパレル関係など
魅力ある商品を是非日本に紹介、販売しましょう


タオバオなどから商品URLなど商品情報をメールでお送り頂ければ、
商品の発注からFBA発送まで行ないますので、お客様にとっては
わずらわしい日常業務から解放され、新しい商品検索や販売企画などに
専念
することができます

タオバオなどで仕入れた中国商品の需要は日本だけではありません
アメリカなど海外販売も視野にいれた、アメリカFBA倉庫発送なども
整備中です
日常業務から解放されるためにも、弊社のFBA倉庫直送サービスをご利用ください


タオバオなどの商品のご注文方法

食器などの仕入れ(食品検査)について

 

 

食品衛生法に基づく輸入について

 

 

輸入される食品についてはその安全性確保の観点から、法律に基づき、輸入者は輸入届け出の義務が課せられています

yunyuutodokede.jpg

 

輸入届出を行わない食品などについては 販売用に用いることはできないとしています

 

食品というと食べ物やその材料であると考えやすいですが、マグカップや、食器、食品保存用の入れ物(タッパやお弁当箱)なども、直接食品に接することから、検査の対象になりますので、購入の際には注意が必要です

 

  syokki3.jpg

 

手軽な輸入方法である航空便(EMSなど)の場合でも、日本の空港などで止められます

(販売用ではなく、個人使用と思われるような少量の場合は検査無しの場合もある)

 

輸入届出の方法

  1. 輸入届出書を記入し輸入した港を管轄する厚生労働省検疫所に輸入の届出を行います

  2. 届出の内容を確認し、食品等検査が必要かどうか判断され、必要な場合は、検査指示がでます

  3. 認定された検査機関に連絡し、検査依頼申込書を記入し、商品サンプルの取り出しと検査を依頼します(商品は保税地域にあるため勝手に取り出すことはできず、

    通関業者などに連絡し手続きが必要になります)

  4. 検査結果が合格の場合は、厚生労働省検疫所より許可がおり、届出済証が渡されます

  5. 届出済証のコピーを通関業者におくり通関手続きを進めてもらいます

 

食品検査の手続きなどは 慣れないと 書類の記入方法などに手間をとったり、場合よっては、商品の製造工場から製造証明書(材料や製造工程など)をもらう必要があり、中国で購入した問屋に問い合わせたり、そこから工場に連絡してもらって製造証明書を発行、送ってもらうなどの手続きは時間がかかります
この証明書は製造に関するものですので、販売している問屋が勝手に作っても製造証明書としては認められません。また、食品検査の依頼書などには、工場名、工場の住所などを調べて記入する欄もあります

 

  syokki4.jpg

 

 

弊社では中国に事務所があり、また、義烏の福田市場などでのアテンドをもとに、その商品の工場を調べ、証明書などの発行依頼をしたり、日本での手続きの代行も行っております

輸入した商品は、港または空港に長期間置くことができず、検査に要する日数や申請にかかる日数などで時間がかかると、倉庫代として追加費用がかかります(大体 1週間を超えるとお金がかかります)

 

弊社はそれらの手続きの代行サービスを行っておりますので、食品検査になりそうな商品の場合でも安心して仕入が可能です(ただし、商品によってはカドニウムや鉛など使用禁止の塗料などを使用しているため輸入ができないこともあります 仕入れる際にはあらかじめご相談ください)

 

  syokki2.jpg

 

日元 -------------------------------- 5.7203 5.7203

ネットショップ相談窓口

 ネットショップ相談窓口

最近、個人として、または企業としてネットショップの事業を始めたいが どうしたらよいかという相談が多くなりました

特に商品の輸入などは まったくしたことがなく、どうしたら仕入れることができるか、
その費用や数量はどのくらいなのか。
送料はいくらくらいか
関税とはなんなのでしょうか
など

 

初めてのかたにとっては わからないことが多いと思います
弊社の場合、年間を通じて、多くのお客様からのご依頼のもとで、商品の輸入代行、 義烏をはじめ上海、香港、広州などのアテンド(通訳、ガイド業務)、OEMなどを 行なっております
個人から企業のかた、初めてのかたから何年もネットショップをされているかたなど、さまざまな方々の商品輸入のお手伝いやOEMのお手伝いをしてきました

それらの経験をもとに アドバイスやご相談にのることも可能でございます
ネットビジネスはだれにでもチャンスがあり、老舗などのない新しい業界です
同じ商品でも サイトによって、多く売上を伸ばしている所もあれば、そうでないところも あります 商品選びも大切ですが、サイトの運営管理,販売戦略もそれぞれ 大切です

しかし一番ネックになるのは 販売商品の輸入です 商品がなければ 売ることもできず、 販売戦略もできません 弊社では、お客様が 販売戦略などにより多くの時間を 割いていただけるよう商品輸入のサポートいたします

ご相談やご不安な点などございましたら ご遠慮なくご連絡をください

メールでのお問合わせもOK。  →お問い合わせフォームへ

福田市場と、 アリババ・タオバオ

福田市場は市場(問屋)が中心なので、どうしても仕入は箱単位になります
物によっては数百とか数千の数量が最低仕入個数になってしまいます

少量多品種で品揃えを中心に考えておられる個人ショップ様においては 少々ネックになります

タオバオやアリババにおいては 1個単位または数個単位で仕入れることができるところも多く、
単価は高くなりますが、限られた資金で品数をそろえるにはよいかも知れません

しかし、アリババやタオバオから仕入れる場合は、中国語が壁になってしまいます

弊社の義烏の事務所での担当者は 全員が日本語ができますので、間に入って不自由、仕入のお手伝いが可能でございます

アリババは工場や問屋と結びついている所が多く、お客様によっては、直接アリババの工場へのガイドを希望され、OEMの交渉や、少量購入など、福田市場では難しい買付も行なうかたもおられます

福田市場だけでなく、アリババなどでピンポイントに工場などを絞り、訪問される場合は、弊社がアテンドさせていただきます

市場での仕入だけでなく、工場への訪問 というのも 仕入の一つの方法ではないでしょうか

造花のOEM

中国で造花をOEMで作れないかという お問合わせが最近ありました

義烏の福田市場には、造花の問屋が多くあります 品質も様々ですが、

お客様からは好評です

造花だけのコンテナで運ぶお客様もおられれば、他の商品と一緒にコンテナで輸入されるかたもおられます

造花ですので、分解組立はできますが、物によっては高さなどがあり、EMSでは送れずコンテナで運ばれるかたが多いです 

もちろん既存の造花ではなく、OEMで展示会場等用の、花束やブーケの造花などもできます 

中国仕入,中国仕入れ,義烏,福田市場,造花,OEM

本物の花をつかったプリザーブドの造花は無いようです(プリザーブドは輸入が少し面倒です)

 義烏福田市場にはたくさんの商品がありますが、造花は自信持って御案内できる商品です

 アテンドや発送(EMS,船便など)、オリジナル商品製作、OEMなどもサポートしております

中国仕入,中国仕入れ,義烏,福田市場,造花,OEM

 

タオバオ(taobao)を画像で検索

 

タオバオはアジア最大のショッピングサイトです

日本で販売されている商品にも、タオバオから購入(仕入れ)、販売されているものも多くあります それだけ魅力のある商品が多く存在するサイトです

タオバオで販売されている商品は、工場から仕入れて販売されているものも多くあるので、同じ商品がいくつかの別々の店舗(サイト)で販売されています 写真から検索する方法として、

http://www.taotaosou.com/

taotaosou.jpg

枠内に画像のURLかファイル名を入力すれば 可能です

全部のカテゴリではなく服や靴、鞄などのカテゴリに限られますが 少しでも安く仕入れたい、購入したいという人にとっては ありがたい機能だと思います

検索結果の例
taotaosou-rei1.jpg


taotaosou-re2.jpg

輸入でお困りの時はご相談ください

中国からの輸入を代行業者に依頼することで、タオバオやアリババなどの商品を、一般のかたでも、ある程度簡単に仕入れることができるようになりました
中国にも日本にも小規模の輸入代行業者がここ数年間で増えています

弊社は小規模な輸入代行から、専用コンテナを使って船便での輸入や、食品検査や、動植物検査などの必要な商品まで広く輸入代行を承っております

輸入例
・ レストランチェーン店でつかう食器
・ガチャガチャなどの玩具
・量販店における雑貨
・ソーラーパネルの土台
・お土産屋さんでつかう紙箱のOEMやマスコット人形等
・鉢植え造花など大型の造花や鉢の輸入
水陸両用車
モーターボート

・桟橋
・アパレル
・アクセサリー
など

商品参考イメージ写真(お客様の情報のため)< %CD%A2%C6%FE%A5%B8%A5%A7%A5%C3%A5%C8%B9%A5%A4%AD%A1%BD_R.jpgフライングジェット

%CD%A2%C6%FE%A5%BB%A5%B0%A5%A6%A5%A7%A5%A4_R.jpgセグウェイ

%CD%A2%C6%FE%C0%B8%C3%CF_R.jpg生地

%CD%A2%C6%FE%B4%E1%B6%F1%A5%DA%A5%BF%A5%F3%A5%B3%BF%CD%B7%C1_R.jpgペタンコ人形

%CD%A2%C6%FE%BF%A9%B4%EF_R.jpg食器

%CD%A2%C6%FE%BF%A9%B4%EF%A3%B2_R.jpg食器

%CD%A2%C6%FE%BF%A9%B4%EF%A3%B3_R.jpg食器

%CD%A2%C6%FE%BF%E5%CE%A6%CE%BE%CD%D1_R.jpg水陸両用車

%CD%A2%C6%FE%C2%A4%B2%D6_R.jpg造花

%CD%A2%C6%FE%C2%A4%B2%D6%A3%B1_R.jpg造花

%CD%A2%C6%FE%C2%C0%CD%DB%B8%F7%C5%DA%C2%E6_R.jpgソーラーパネル用土台

食品検査の必要なものは、スムースに検査申請や必要書類の手配(中国の工場から)などを事前に準備して進めておかなければ、船の港倉庫での倉庫代がどんどん増えてしまい、結果、原価の高い商品になってまいます

弊社は長年の経験と様々な商品の輸入にかかわる実績で、小規模の輸入から船便コンテナ輸入まで
幅広く皆さまのご要望にお応えしております

輸入したいけど、どこに相談したらいいかわからない時は、
どうぞお気軽いお問い合わせ下さい

上海虹橋駅、義烏駅での電車の乗り方

最近、少し海外旅行に慣れた方は、浦東空港から直接タクシーで上海虹橋駅(シャンハイ ホンチャオえき)に行き、義烏まで新幹線で行かれるかたも おられます

初めて義烏に行かれる方は不安なので、弊社の上海のアテンドによる空港から虹橋駅構内の待合室までご案内をご希望される方も多いですが、2回目以降はご自分でトライされるかたもおられます
ネット販売などの商材の買付に行かれる方は、さすがに行動力がありますね

義烏のホテルまで着かれましたら、義烏福田市場のアテンドは弊社が担当致します
福田市場は広いです(1区から5区まで3kmあります)ので、端から戻ってくるのに一時間近くかかります
限られた日数で、効率よく回るためには 市場内の商材のカテゴリごとの場所を熟知している現地アテンド担当者が必要です
また商品買付後、商品を後日引取りに行ったり、日本への発送などを考えると現地アテンド担当者が必須ではないでしょうか
義烏福田市場だけのアテンドもしておりますので、お気軽にご相談ください


中国での新幹線の乗り方(改札時間と改札口が列車ごとに決まっている)が日本と少し異なります


新幹線の乗り方について、時々ご質問がございますので まとめてみました
ちょっと古いチケットでの説明ですが、ご参考にしてください 

 

上海虹橋駅から義烏へ行き方

 

 タクシーで虹橋駅に行くと、2階の出発ロビーの階に着きます

上海虹橋駅は地上2階〜地下1階の3層構造 になっていて、
2階が出発ロビー、1階が電車発着のホーム、地下1階が到着出口に 分離されています
プラットホームの数は30本。巨大な駅です。(改札口も電車によって わかれています) 

 

hongchaoentrance.jpg

上海虹橋駅に着いて、駅の構内に入るときは荷物のX線検査があります 

⇧ X線検査の様子(自分でコンベアに荷物を載せる) 

 

 

 

 

   hongchaoticket2.jpg honchaokippuuriba1.jpg

右側  自动售票(切符の自動販売機)
左側 (人工)自动售票(切符の販売窓口)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
チケットを購入される場合  
(すでにチケットを持っている場合は、そのまま真っすぐ待合室に向かいます)  
  
駅の構内に入って右側に切符売り場があります  
切符の購入には身分証明書が必要なため、外国人は基本的に自動販売機で  
切符を購入することは出来ません。
自動販売機の向かい側が 切符売り場窓口です 大きな赤い列車案内表が目印です
  
パスポートを持参の上、窓口で購入する必要があります。  

もしE-ticket などをお持ちの場合は、同様の窓口で交換できます  
列車出発時刻15分前までにはチケットの購入または交換をしてください   
15分を過ぎると購入ができなくなります  
写真のように大変混雑していますので、切符売り場で30分から1時間ほど並びます
切符の購入が必要な場合は出発時刻の2時間前には虹橋駅に着いておいた方がよいでしょう
売り切れの時もありますので、弊社で事前にチケット購入をしてお渡しすることも可能でございます(手数料要)

  

余談
********
售票处 とは 切符売り場のこと  
自动售票は切符の自動販売機、 外国人は向かいの対面切符売り場で購入します  
(大きな赤い電光時刻表が目印)  
(「售」は”販売する”、「票」は切符チケット、「处」は「場所」という意味)  
「退票」(キャンセル),「改签」(変更)と表示されている窓口以外の窓口で購入します 
********


子供料金の適応について

身長が120cmから150cmの子供の場合は子供料金(一般大人料金の半額)になります
身長が150cm以上は一般大人料金です

 ********

 

  

  honchoaosyoumen.jpg

  
⇦ 駅の構内  
正面右側に 大きな 時刻表があるので、自分の乗車する電車の改札口と  
時刻をまず確認しておきましょう
電車によって、乗車用改札口が決まっていますので、列車番号を確認して 
その前で待ちます
 

 

hongchao1.jpg

 

 

 

 

hongchao2F.jpg hongchao2F1.jpg

虹橋駅の2階はレストランや喫茶店などがありますので、 
ここで簡単な食事と暇つぶしができます 
マクドナルドもあります 
出発30分前には改札口に戻っているようにしましょう 

 

  yiwutichet2.JPG

このチケットの場合、 車両番号はD5663、  
出発時刻は 15:22  
乗車改札口は 19番   
車両番号はD5663  
座席番号は 14号車18番  
※ちょっと古いチケットですが 基本は同じです    

 

hongchao3.jpg

honchaokaisatsu2.jpg

乗車する列車によってホームも異なるので切符と案内表示をよく確認してください。  
異なる電車の改札口からは入場できません。
    
   
改札口が自分の乗る車両番号(この場合 D5663)かどうか 確認してください    
   
   

 乗車する電車の改札口(今回の場合 19番)が開くまで、待合ロビーで待ちます  
出発時刻の20分くらい前になったら 開きます  
このように 各電車ごとに 改札口が決まっており、改札口の  
開く時間も決まっています  
出発の5分くらい前には改札口が閉まりますので、30分くらい前には  
改札口で並びましょう  
  
日本のように、早めにホームに出て電車を待つとか、  
ギリギリに飛び乗りなどはできません
  

 

shinkansen.JPG

  
何号車の何番の席かを確認して乗車します 
荷物を持っているので、車両を間違えると車内の通路を歩くのは 
大変です  

 

改札口を通ったら、ホームまで歩いて移動します  

shinkansennaibu.JPG

  車内は日本の新幹線と ほぼ同じ   

 

yiwuekisyoumen.jpg
 電車は義烏駅の2階に着きます (出口改札口は1階)
階段で1階におります
 
2階に改札口が見えますが、乗車用の改札口ですので間違わないように。 

 

   yiwuekikaisatsu.jpg
義烏駅の出口の様子 
出口改札口は1か所しかなく、待ち合わせの場所として 
よく使われます 
  
  
  
   yiwuekisyoumen.jpg
  ⇦ タクシー乗り場の様子
1階が出口改札口 
  
出口改札口から少し右側を真っすぐ大通りに向かって歩くと 
タクシー乗り場があります
 
 


    

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

義烏駅から上海虹橋への帰り方

 

 

yiwuekisyoumen.jpg  

  義烏駅は1階が到着の出口、2階が出発用の階の入り口です 
お帰りの際は、2階から入りますので間違えないようにしましょう 
 

yiwuekislope.JPG

2階に行くには 正面から階段で上がるか、正面向かって右側に 
スロープがあるので、こちらから上がります 
荷物があるときはスロープから上がった方が楽です 
   
    

 

yiueki2F.JPG

  正面2階の入り口
この列はX検査待ちの列です
ここでも少し並びますので、早めに駅に到着しておいた方がいいです

 

 

yiwuekixsen.JPG

駅に入るときは 
虹橋駅の時と同様、X線による手荷物検査があります 
自分で荷物を検査用のコンベアに乗せます 
    

  yiwuekiescalater.JPG

 エスカレーターに乗って、乗車用の改札口(3階)に 
行きます
 
   

yiwubaiten.JPG

    
エスカレーターを上がった左側に 
小さな売店があります 

  yiwueki2F1.JPG

yiwu%A3%B2F1.jpg

    電車によって、乗車用改札口が決まっていますので、列車番号を確認して 
その前で待ちます
  出発の20分ほど前に 改札口が開きます 
  
遅くても20分前には改札口に入るようにしてください 
5分くらい前には改札口が閉まります。ギリギリに駅に到着して 
乗れずに駅員と口論している乗客を何回か見ました 
絶対に乗せてくれません 
    

  yiwutichket.jpg

チケットの例 
車両番号は D5652 
9:34発 
14号車17Fが座席番号 
  
ちょっと古いチケットですが 基本は同じです
(義烏福田市場にもチケット売り場があり、駅ではなく、チケット売り場で購入すると、このようなピンク色のチケットが発行されます)

 

 

 

yiwueki3.JPG

掲示板の下から撮ったので見にくいですが 
車両番号 D5652 
9:34発 
義烏ー上海虹橋 
2番ホーム と表示されています   
この掲示板の前で 改札時刻まで待ちます 
    

yiwueki2.JPG

改札口を通ったら、渡り廊下(通路)を通って、目的のホームに行きます 
通路の天井に車両番号の案内がでているので、確認して 
階段をおりてホームに出ます

  
エスカレーターが無いので、重い荷物があっても、手で持っております 
   

何号車に乗るかによって、右、左 どちら側の階段で降りるかの表示も確認 
しておきましょう(この場合 1−9号車は左側の階段、 
10−16号車は右側の階段です) 
  
この写真のように、ほぼ同じ時刻に出発する別の電車もあります
今回の場合、2番ホームなので、この向こう側のホームが今回乗るホーム

ホームを間違えないようにしましょう 
    

 

 

 

yiwushinkansen.JPG

義烏 福田市場買付けの方法 不良品対策

中国からの仕入れで一番困るのが不良品


せっかく安く仕入れても届いたものが不良品で販売できなかったりクレームがあると大きな損害です

 

最近は有料または無料で検品をしてくれる輸入代行業者もありますが
日本の商品レベルと中国での検品合格レベルはちがうので、
不良品が混じる可能性は大きいです

 

商品の入っている箱が破れていたら日本では不良品扱いですが、中の商品には問題はないから問題無しと思っても仕方ないことです

文化のちがいなのですから。

中国のほうが合理的なのかも知れません

 

弊社では、お客様から検品重点ポイントを書面で頂いて
できるだけお客様視点での検品を心がけておりますが
それでも難しい判断に直面することが多々あります

 

最近のお客様の中には
義烏に10日ほどお泊りになり、初日に商品の買付け、その後ホテルに商品を納品してもらい ホテルで検品を検品担当者と一緒にされるかたも おられます

 


ホテル代も安いところもあり1泊 130元位(約2600円)以下で泊まれるところも多くあります

いつもよりも一週間多く滞在しても2600円*7日で18200円

日本で不良品のためにクレーム対応に追われたり、送料負担で別の商品を送るなどを考えると安いかも知れません

何より自分で検品しているのですから、一番納得できます


また時間があれば、アテンド無しで福田市場を回ってみたり、後日アテンドをお願いして、気になった問屋を一挙に回るのもいいと思います 特にアクセサリーなどはゆっくり見れます



一泊分(2600円)では 中国に行けないのですし、しばらくは義烏にまた来ることはできないのですから、滞在するのにかかった費用以上のメリットを考えてみるのもいいかも知れません

 

弊社の事務所は義烏市内にありますので、何か問題があればメールなどでご連絡いただければご対応することも可能です 

 

宿泊費だけでなく、食費も気になります
安く食べるところは福田市場内にもございます また、セルフサービスのレストラン(食堂)として匆忙客(CMK Cōngmáng kè)も近くにありますので、市場が閉まったあと、夜中に食費をゆっくりと安くすることもできます
数十元 500円程度でおなか一杯になります

 

このセルフのレストランは、指をさして料理を選べばいいだけですので、 中国語ができなくても 大丈夫です 2階に食べるフロアーが用意されている所も多く ゆっくりと過ごすこともできます

 

 

CMK1.jpg CMK2.jpg CMK3.jpg
この匆忙客の写真は次のサイトを参照http://www.dianping.com/photos/133712909/member#single-img

CMKmap.jpg

中国仕入れされる方への情報-義烏の冬

 

義烏の夏は非常に暑い  冬は寒い

 

義烏の緯度は、鹿児島と沖縄の中間位です市場の回りはアスファルトなので照り返しもあり、ジリジリと熱風が漂う感じです
市場内は冷房が効いているので ご安心を。


冬は 非常に寒いです
雪は 時々しか降りませんが、雪が降る(舞う)ので ダウンを着るなど防寒は必須です

2016年1月は 沖縄でも雪が降ったので、かなり寒かったですが、義烏も例外ではありませんでした。
義烏現地のスタッフが市場近くの動画を送ってきました
12月、1月に義烏に買付に来られるお客様はご参考に。
1月24日の予報気温にびっくり

 

義烏でお会いしましょう

yiwufuyu.jpg

義烏市内の冬動画 2016

中国仕入れから直接Amazonへ、FBA取扱い費用について

 

Amazon FBAご利用について


FBAとはAmazonフルフィルメントサービス(FBA)のことで、アマゾンがお客様に 代わって商品の注文、発送サービス、商品の保管などをおこなってくれるサービスです

  amaonlogo_R.jpg

意外とかかる 商品のピッキングから袋詰め、送り状のシール貼りなど、発送の手間や保管にかかわる費用などを極力減らすことができます。

 

関税などがかかった場合は後日ご請求書をお送りいたします

FBAを利用する場合、お客様は仕入れた商品に商品番号やバーコードの印刷されたシールを貼り、まとめてアマゾンの倉庫に発送しますが、中国で商品を仕入れた段階で、 そのような作業を代行し、直接Amazon FBA倉庫に発送または日本の弊社経由でAmazon FBA倉庫に発送するサービスです

商品取寄せ代行、検品、ラベル貼付、FBA倉庫への直送納品の 一括代行
面倒な商品の引取り、関税支払、ラベル貼りなどの作業は すべて 弊社が代行します

 

 

 

★ 日本のAmazonFBA倉庫に発送の場合

次の2種類の方法があります
1.中国から直接 日本のAmazonFBA倉庫に発送する方法
2.中国から一旦、日本の弊社倉庫に送り、商品の確認のうえ、日本のAmazonFBA倉庫に発送する方法

 

1.中国から直接 日本のAmazonFBA倉庫に発送する方法

処理の流れと手数料

お客様から当社にタオバオなど商品の注文行依頼

taobaotop_R.jpg    .......        tmalltop_R.jpg

 これらの中国ショッピングサイトから 輸入希望の商品のURLや商品の色などをメール等で弊社に注文

 商品の注文代行(タオバオ、義烏福田市場などから仕入代行)
商品代の請求書をお送りしますので、振込みをお願い致します


中国弊社事務所にて検品、袋詰めなど作業(必要な場合)
商品シールの貼付け作業

kenpin_R.jpg


箱に詰め、箱シールを添付
送料の請求書をお送りしますので、振込みをお願い致します

送料お振込の確認後、日本AmazonFBAに発送、納品
納品後、関税など送料以外の費用の請求書をお送りしますので、
振込みをお願い致します

 

 料金表(一般的な例とその費用)

1.商品引取り発送手数料 商品代金の12%
2.中国からの日本FBA倉庫までの送料 実費 弊社料金表による
3.FBA基本手数料(中国) 0.8元*商品数+0.3元
【内訳】FBA用商品シール貼作業 0.3元/個
袋詰め(OPP袋代含む) 0.5元/個
FBA用の箱へのシール貼り 0.3元/箱
関税消費税立替サービス 無料サービス/件
4.日本での関税 実費

-------------------------------------------------------------------

2.中国から日本の弊社倉庫経由でamazonFBA倉庫に発送する方法

処理の流れと手数料


2.一旦日本の弊社倉庫に送り、簡単な商品検品後AmazonFBA倉庫に送る場合

お客様から当社に商品の注文代行依頼


お客様から当社にタオバオなど商品の注文行依頼
taobaotop_R.jpg    .......        tmalltop_R.jpg

  これらの中国ショッピングサイトから 輸入希望の商品のURLや商品の色などをメール等で弊社に注文

 

商品の注文代行(タオバオ、義烏福田市場などから仕入代行)
商品代の請求書をお送りしますので、振込みをお願い致します

中国弊社事務所にて簡単な検品、袋詰めなど作業(必要な場合) 商品シールの添付作業(シール貼りは日本で行う場合もあり)
kenpin_R.jpg 検品のため、箱から商品を出している風景

 


箱に詰め日本の弊社事務所に発送準備
日本弊社事務所までの送料の請求書をお送りしますので、振込みをお願い致します

送料お振込の確認

日本の弊社倉庫に発送
弊社が立て替えた関税や消費税と、日本FBA倉庫までの送料費用の請求書を お送りしますので、振込みをお願い致します

日本の弊社倉庫にて簡単な商品検品(破損など)

箱シールを添付
 ↓
 関税等のお支払を確認後、AmazonFBAに発送、納品

 

 料金表

1.商品引取り発送手数料 商品代金の12%
2.中国からの日本弊社倉庫までの送料 実費 弊社料金表による
..日本弊社倉庫から日本FBA倉庫までの送料 実費 弊社料金表による
3.FBA基本手数料(中国) 0.8元*商品数+0.3元
【内訳】FBA用商品シール貼作業 0.3元/個
袋詰め(OPP袋代含む) 0.5元/個
FBA用の箱へのシール貼り 0.3元/箱
関税消費税立替サービス 無料/件
4.日本での関税 実費
5.簡易検品作業(日本)
....破損などの確認
100円/個 または見積もり金額

-------------------------------------------------------------------

オプション費用
1.検品作業 0.8元/個  または 見積もり金額
2タグ付け 1.5元/個
3タグ作成

2000枚で100元 入稿は画像データまたはイラストレータ でお願いします

オリジナルパッケージへ入れ替え 0.5元/個
説明書プリントアウト、(封入 ) 0.5元/枚(原稿はお客様でご用意ください。中国でプリントアウトし封入します)

取扱説明書などの翻訳 (中国語から日本語)

翻訳料金 中国語1,000文字あたり、250元
レイアウトは原文に近い(取扱説明書など)ものにしますが、細部は担当者にお任せください
レイアウト料:1ページあたり、5000円

ダブルカートン 段ボール箱代(2重箱)

サイズにより異なります お問合せください
---------------------------------------------------------------------

Amazon FBA倉庫直送の費用の例

<
日本FBA倉庫直送費用の例
【次の場合の例】
  タオバオから@30元の商品を100個仕入れ、日本FBA倉庫に直送
  商品全体の重さと大きさ 21kg 1箱
  レート 20円/元  弊社レート 21.5円/円
.          
  (項目別必要な費用)
    1.商品代 小計(日本円) 64,500 円
    2.商品取り寄せ等手数料 8,360 円
    3.FBA基本手数料(中国)+検品オプション 3,447 円
    4.送料(関税消費税立替手数料 含む) 13,722 円
      合計 90,029 円
    ※関税、消費税、商品検査料(必要な場合)などは、含まれていません
.          
  【各費用内訳】
    . 単価(人民元) 数量 金額
    商品代 30 100 3,000 元
    1.商品代(日本円) 64,500円
    商品引取り発送手数料(タオバオなどからの仕入れ発送手数料) 7740 円
    手数料にかかる消費税 620 円
    2.商品取り寄せ等手数料 小計(日本円) 8,360 円
.          
    FBA基本手数料(中国) 0.8元*商品数+0.3元)+オプション
    【内訳】
    . 単価(人民元) 数量 金額
    FBA用商品シール貼作業 0.3 100 30 元
    袋詰め(OPP袋代含む) 0.5 100 50 元
    FBA用の箱へのシール貼り 0.3 1 0.3 元
    検品(オプション) 0.8 100 80 元
    FBA基本手数料(中国)+検品オプション 小計(人民元) 160.3 元
    3.FBA基本手数料(中国)+検品オプション 小計(日本円) 3,447 円
    4.送料(関税消費税立替手数料 含む) 小計(日本円) 13,722 円

義烏の家具市場

3月に ソファを十数脚 輸入のため、義烏での買付のアテンドのオファーがありました

福田市場は雑貨などが中心ですが、家具については 専門の大きな家具市場ができました

義烏の福田市場からは、1時間ほど離れたところに家具市場があります

福田市場ほど大きくはないですが半分くらいの規模の大きな市場です
家具だけで福田市場の半分の規模ですから かなり大きいです
3年ほど前まだ、1区と3区しかできておらず、2区の工事中でした

上海にも家具のいい市場はありますが、義烏にも専門の家具市場があります

興味のあるかたは是非 訪問してみられたらいかがでしょうか
弊社では義烏の福田市場に限らず、義烏のほかの市場や、上海、広州など別の地域のアテンドサービスも行なっております


家具は大きいので、コンテナでの船便になりますが、Door to Doorで 日本に輸入代行可能でございます

義烏家具市場についての紹介はこちら

中国ネット仕入れータオバオtaobaoでの画像検索について

Googleなどは写真(画像)検索が可能であるため、商品の検索などの時、 非常に便利であり、時間の短縮にもつながります

中国の商品購入の場合、タオバオを利用されるかたも多いと思います
しかし中国語での商品検索は、翻訳サイトを使いながらだと時間がかかり 面倒に思う時もあります
ご存知のかたも多いと思いますが 実はタオバオでも画像検索ができます

taobaoのサイトによってはできないサイトもありますので、注意が必要です https://www.taobao.com/(画像検索あり)
http://world.taobao.com/(画像検索無し) などがあります

どちらも同じような画面ですが、検索欄の所にカメラのアイコンがあるのと 無いのとがあります


https://www.taobao.com/ のURL
taobaokensakuaddress.jpg

http://world.taobao.com/ のURL
taobaokensauaddress2.jpg

●https://www.taobao.com/ にはカメラのアイコンがあります(画像検索が可能です)
taobaokensakuinput.jpg


変更の仕方左上の言語の左側のところで、国名を変更します
全球(又は日本)を 中国大陸 に 切り替えて
https://www.taobao.com/ に URLを変えます
taobaoaddresschange.jpg

 

 



 

検索結果の例を紹介します
同じような商品でもお店によってセール価格になっていたりしており、差が結構あります

●次の写真から商品を検索してみます
210.jpg
カメラのアイコンをクリックして、画像を選択します(画像を検索画面にドラッグはできない)

検索結果が表示されます

●検索結果 幾つかが検索されました
taobaokensaku.jpg
価格にもかなり差があります9.99元から21元まで約2倍の価格差があります


単価が同じでも 色の種類が違います
taobaokensaku1.jpgtaobaokensaku2.jpg

 

 

残念ながら天猫(Tmall)やアリババでは画像検索はまだできないようです

弊社では URLを教えて頂ければ、タオバオやアリババの商品の輸入代行サービスをおこなっております

中国仕入れで 注意する点

中国仕入れで、食器などは 食品検査になる可能性が高いので 仕入れには気を付けるようにされていると思います

 しかし それ以外にも意外と気を付けないといけないものがあります

健康器具関連です

説明書などに血行が良くなるとか、マッサージというような文言があると

輸入許可が下りない場合があります

それは 医療機器という判断がされるからであり、一般の人は 輸入はできません

また、物によっては、意匠登録でデザインが登録されているため、 登録者の許可が なければ輸入ができません

輸入許可が下りないものは、廃棄処分か 中国に送り戻しをする必要があります

廃棄処分は費用がかかります 廃棄の特別専門業者が行ない、そのための申請料金なども別途かかります

輸入する前に、税関に問合せをしてみるのもよいです

SnapCrab_NoName_2016-9-7_21-11-8_No-00.jpg

SnapCrab_NoName_2016-9-7_21-10-57_No-00.jpg

SnapCrab_NoName_2016-9-7_21-10-48_No-00.jpg

..... お問合わせはこちらに……お問合わせフォーム


<===========  TOP画面に戻る==========>