中国仕入れアテンド(通訳、ガイド、交渉)お申込みの流れ

中国仕入れアテンド(通訳、ガイド、交渉)お申込みの流れ

初めて中国に行かれるかた、商品の買い付けが初めてのかた、中国語のできなくても ご心配は要りません

いろいろなお客様が義烏の市場に来られています。
弊社のアテンドがお客様のサポートをさせて頂きますのでご安心ください。
市場のご案内から、買付けのお手伝い、商品(商材)の日本発送までサポート致します

お問い合わせは何でもお気軽に
電話:080-4290-8983
 

atennd-mousikomi1.jpg
yaziushi.jpg
atennd-mousikomi2.jpg
yaziushi.jpg
atennd-mousikomi3.jpg
yaziushi.jpg
atennd-mousikomi4.jpg
yaziushi.jpg
atennd-mousikomi5.jpg
yaziushi.jpg
atennd-mousikomi6.jpg
yaziushi.jpg
atennd-mousikomi7.jpg
yaziushi.jpg
atennd-mousikomi8.jpg


 
 

弊社が通関するメリット

imagesworld.jpg
義烏で商品を買ったけど、航空便で商品を送りたくても中国から発送の仕方が分からない
送料はいくらなんだろう?
中国に商品の仕入れに行こうと思った時こんな疑問を持ったことは無いですか?
 
弊社は義烏市内に、商品の仕入れや発送、アテンド(通訳、ガイド)を専門に担当する事務所があります
 
アテンド(通訳、ガイド)では、日本から皆様と同じように義烏の福田市場を中心に、商品の仕入れに来られ、買付けなどをされて行かれます。
 
もちろん、そのあとのフォローもしっかり行なっています
少量の商品の場合は航空便で、大量の場合は船便の混載荷物としてさらに大量の場合はコンテナで日本のご自宅まで 発送致します
images.jpg
だから 安心。
あとのことは心配せずに商品の仕入れに専念できます
せっかく高い航空運賃と休みをとって中国義烏まで仕入れに来たのですから本来の目的が達成できなければ
時間とお金が無駄になってしまいます
 
 

弊社が格安の航空便費用でお送りします

大量に航空便(たとえばEMS)を利用しているので
量が多い場合は、半額以上の割引で発送しています
義烏の福田市場にもEMSを扱っている郵便局がありますが、
正規の金額ですので、せっかく安く仕入れても結果的に高くなってしまいます
 
 
EMSなど航空便で送る物にはサイズの制限があります。家具や健康器具
自転車など購入されるお客様もおられますが、EMSなどでは送れません
船で送る場合は、特にどうしたらよいのか分からないかたが殆どではないでしょうか
 

船の場合 

船で送る場合は、港まで商品を送らなければいけません、また、船の
予約も必要です。さらに通関手続きや、その通関用の書類(インボイスなど)も
作成しなければいけません
このような面倒な手続きや作業は弊社にお任せ下さい
弊社は中国から日本のご自宅まで商品の配送の手配することができますので、ご相談ください
商品の量が多い場合は船の方が送料が格安になります
中国 義烏(イーウー)からの仕入れ・輸入総合案内

目次 1 弊社が通関するメリット2 弊社が格安の航空便費用でお送りします2.1 船の場合 2.2 実例 その1OEMで作…

 

実例 その1

OEMで作ったオリジナルのキーホルダー

せっかくi義烏でOEMで作って輸入しようとしたら、日本の通関で 中国製 という表記がされてないということから通関手続きがストップ
過去にも似たような経験があるため 弊社がすぐに 商品にシール等を貼る等の誓約書を
お客様に作って頂くよう連絡し、翌日には通関を通り スケジュール通りに入荷
 
 
提出書類に定型フォームが無いため、 もし個人で輸入手続きをされていたら、
書類をどのように作ったらいいか 戸惑いがあったと思います
 
 
弊社を利用されるお客様には いろいろな業界のかたがおられますので、輸入する商品の種類も多種多様
当然 商品について 通関で書類を求められる場合もあります 
過去の経験などから 予想できる場合は 事前にお客様と話して書類の準備を行ないスムースに輸入手続きが進むようにしていますが、
弊社には通関士の有資格者もいるので突発的なトラブルの場合でも すぐに対応できます
 

実例 その2

食器、スプーン、フォークの輸入

食器などの輸入には 注意が必要です
直接 食べ物に接することから 食器によっては 食品検査などが必要になります
今回のお客様は 食器(お皿など)とナイフやフォークの輸入をされました
 
この時、通関から指示があったのは、ある書類にナイフとフォークの工場の名前と住所などを記入してほしいというものでした
 
当然、弊社はそのお客様の商品の仕入れ先が分かっていますので、中国の現地スタッフにスカイプで連絡し、すぐに調べ報告。
もちろん そのまま 通関を通り お客様のお手許に。
 
弊社が通関手続きをするだけでなく、中国 義烏にも事務所があり スカイプなどで連絡がすぐにできる体制にしている点も弊社を利用される大きなメリットです。 
 
 

実例 その3

個人通関の場合は直接税関まで行く必要がある

 
 個人通関をする場合には直接、税関まで出向き、通関書類の提出をしなければいけません
当然 平日なので、お仕事のあるかたは 時間的に難しくなります
また 3時位までに税関から輸入許可がおりなければ倉庫から荷物をその日のうちに取り出すことができず、翌日また、出向くことになります
 
個人通関に慣れていて、さらにその商品について 質問や検査などがなければスムースに出庫まで可能ですが、
前述のように他の証明書などが必要になった場合はその日のうちに倉庫から出せません
 
また荷物を運ぶトラックなども自分で用意しますので、(運送会社に頼んでもよいですが)、
あらためてトラックの準備も必要になります
 
もちろん交通費も時間もかかります
 
弊社では そういう煩わしさを 輸入代行として 手続きや手配を行なっております
お客様は 自宅で荷物が届くのをお待ちいただけるだけでよいので、非常に便利です