CATEGORY

中国の現在について

eBay易趣、短期的には失敗と明言

eBay易趣、短期的には失敗と明言 電子商取引大手アリババ(阿里巴巴)集団の馬雲董事局主席は18日、北京市で開かれたEコマースフォーラムに出席し、 オンラインショッピングサイトの「eBay易趣」について、「短期的には失敗だが、まだチャンスはある」との見解を示した。 新浪科技が伝えた。   Eコマース市場での競争についてC2Cに進出した百度(Baidu)の任旭陽総裁は、 「eBay易趣の敗 […]

ネットで使用される言語、中国語の割合が増加

ネットで使用される言語、中国語の割合が増加 インターネットで使用されている言語は、依然として英語が圧倒的に多いが、ここ1年では中国語が増加したことが判明した。 中国は、インターネット利用者数でも米国に匹敵するほどの規模になっており、その存在が大きくなってきている。   コロンビアのコンサルティング会社であるMiniwatts Marketing Groupがインターネットに関する統計をま […]

中国の電子商取引大手アリババ・ドット・コム

中国の電子商取引大手アリババ・ドット・コム 中国の電子商取引大手アリババ・ドット・コム<1688.HK>が6日発表した第1・四半期決算は、 電子商取引に対する強い需要とコスト管理による利益率改善が寄与して、予想を上回る増益となった。 純利益は3億0070万元(4300万ドル)と、前年同期の1億4210万元から増加。 ロイターがまとめたアナリスト予想の2億6300万元─2億9000万元も […]

市内全域にワイヤレス・ブロードバンド、情報産業発展に積極策―広東省広州市

市内全域にワイヤレス・ブロードバンド、情報産業発展に積極策―広東省広州市 2007年11月7日、2007年中国(広州)国際情報産業週間を迎えた広東省広州市で、“都市情報化国際トップフォーラム”が開催された。 席上、広州市情報化弁公室前主任の謝学寧(シエ・シュエニン)氏は、2010年までに市全域をワイヤレス・ブロードバンド網でカバーする計画を明らかにした。 すでに市域の80%をカバーする事業に承認が […]

中国マーケットでのインターネット

中国マーケットでのインターネット   2008年5月3日、米シンクタンクThe Information Technology & Innovation Foundation(ITIF)は先ごろ、 2008年のブロードバンド・ネットワークの整備状況に関するランキングを発表した。   ブロードバンドの普及率、平均速度、価格などの統計データを基に上位30か国をランキング化した […]

インターネットを利用して活字に触れる

インターネットを利用して活字に触れる 中国出版科学研究所は20日、「第5回国民閲読調査」の結果を発表した。 ンターネットを利用して活字に触れる読者が36.5%に達し、1999年からの調査で初めて書籍を抜いた。北京日報が伝えた。 今回の調査は、07年8月から08年初めにかけて29の省・直轄市・自治区にある56都市で行われ、有効サンプル数は2万800件だった。   活字メディアの閲覧率では、 […]

中国の携帯電話で

中国の携帯電話で   2008年5月2日、1日付新京報によると、工業情報化部は、国内で問題となっている携帯電話のスパムメール(迷惑メール)に関し、 5月から管理体制の強化など改善に向けた踏み込んだ検討を行う方針を固めた。   同部では、スパムメールや詐欺メールなど消費者の権利を侵害する問題メールの撲滅に当たるよう関連部門に指示するとともに、 国務院と共同で専門の研究チームを創設 […]

米国サードパーティを取り込む百度の動き

米国サードパーティを取り込む百度の動き CNNICが年初に発表した第21回中国インターネット発展状況によるとインターネット利用者の72.4%が検索サイトを利用しているというデータになった。 人数に換算すると約1.5億人である。iResearch社によると、2007年の中国インターネット広告市場規模は106.1億元(約1591.5億円)と試算されており、 その内、27.3%が検索広告市場となっている […]

中国の迷惑メールについて

中国迷惑メール   中国インターネット協会による「2007年携帯電話迷惑メール受信調査結果」によると、 去年、携帯電話の利用者が受信した迷惑メールは一人当たり12.44通/週に上ったと発表した。 迷惑メールの数は去年より5割増加し、ここ7年で最大の増加を記録したという。 そのうち、振り込め詐欺や広告類が大部分を占め、それぞれ49.70%、45.48%を占めている。 迷惑メールに対応するた […]

ソフトバンクは急拡大する中国・アジアのネット市場を

ソフトバンクは急拡大する中国・アジアのネット市場を   ソフトバンクは30日、中国のインターネット大手、オーク・パシフィック・インタラクティブ(OPI)の株式の約14%を約100億円で取得し、 二十数%分の新株予約権を得たことを明らかにした。 OPIの業績が順調に伸びれば、予約権の期限の11年までに出資比率を約40%に高め、傘下に収める。投資総額は約400億円。 両社は7日、契約を結び、 […]