中国仕入れを福田市場で効率よく行うために

投稿者: | 2014年2月5日

中国仕入れを福田市場で効率よく行うために

 

福田市場の大きさ規模ですが、卸売市場としては世界最大といわれているだけあり

(世界各国からバイヤーが集まってきています)

東京ドーム60個分の大きさがあるといわれており、大型展示会のような常設ブースが約6万軒あり、170万種類以上の商品が扱われています。

 

また福田市場周辺には

  • 義烏家具市場
  • 義烏建築材料市場
  • 内装関連市場
  • 車・バイク関連市場
  • マネキンや什器関連のショップ
  • ポスター(各種カラー)
  • ダイレクトメール
  • 各種マニュアル
  • カレンダー
  • チラシ
  • 包装紙
  • ペーパーバッグ
  • パッケージ
  • シール・ラベルまた名刺などの印刷関連

など、扱われている専門街が福田市場の外にも義烏市内全体に広がっています

 

 

福田市場だけでも1期から5期まで普通に歩いても数日かかりますし、詳しくみていったり、

あるいは商談などしていくと時間が全く足りなくて、見たいものの半分も見られなかったということにもなりかねません。

そのため弊社では事前に効率良く中国仕入れをを行うためにルートなど作るための調査等もしており、ご提案させていただいております。

 

商談等はお客様の価格目標やロットや品質等もあるかと思いますので、複数以上のショップを出来るだけ探し、お客様に交渉していただき最終決定していただけるように準備をいたします

弊社のアテンドは全員社員になります。また毎日市場にアテンドや調査をしにいっており、

経験も豊富ですので、もし福田市場にこられて、ここがみたいというようなことがあった場合で、すぐにそこにご案内も可能です

 

 

ただ非常に広い市場ですので、福田市場内の移動だけでも大変であるため、複数のものを見られる場合でまた何日か滞在される場合は、

1日目はこのエリアでまとめて見られる複数の商品群、2日目は違うエリアでということでのご提案もさせていただけます。

 

皆様の中国仕入れを効率よくするために日本の営業担当者と中国の調査担当者が義烏にいらっしゃるまでに内部で緊密に打合せさせていただきお客様に提案等させていただいております。

 




  • お問い合わせはこちらから