タオバオなどの商品のご注文方法

中国仕入れに役立つ情報-タオバオで中国輸入をサポート

中国仕入れ,義烏,福田市場,仕入れ,中国,輸入

ご質問お問合わせは 弊社 日本営業担当まで
ご連絡をお願い致します(080-4290-8983)
 

 

中国最大のショッピングサイト タオバオ

中国仕入れを義烏福田市場でされる場合はロットが問題になることがあります。

その点タオバオであればテスト販売のために小ロット(1個から)中国仕入れをすることができます。

中国から商品輸入を考えたことのある方ならタオバオは一度は聞いたことがあるでしょう

中国は世界の工場なので、溢れるほどの多種多様な商品があります

そして価格もかなり安い。 最近、価格が上昇しているとは言っても  まだまだ安いので魅力は充分です

しかしタオバオなどを通して中国から輸入をしたくても言葉の壁はやはり高いです

弊社では タオバオなどでの商品購入のサポートも行なっています

また品質での問題なども検査体制のスキームを弊社とお客様で構築して安心に安価なタオバオでの中国仕入れをお手伝いします。

ネットショップの品揃えとして自社の備品消耗品を少しでも安く仕入れたい
日本にはない個性的な商品が欲しい
差別化商品の発掘

理由は様々だと思います。

そんなお考えをお持ちの貴社の中国仕入れを強力にサポートします

 

輸入代行申込フォーム

(お申込みデータ内容については下の方の記事をご参考ください)

ダウンロードしてお使い下さい
ご記入後、メール(info@internationaltrade.jp)にてお送り下さい

輸入代行申込フォーム(TXT版)–>>ファイルをダウンロード

輸入代行申込フォーム(EXCEL版)–>>ファイルをダウンロード

 代表的な中国ショップサイト紹介

 

 

タオバオのサイトの見方

 

タオバオは中国サイトなので、中国語の入力なので ちょっと手を出しにくいところがあります

http://www.taobao.com/index_global.php

 

ホームページのブラウザによっては マウスの右クリックで

ホームページの内容を日本語に翻訳できるものもあります

中国仕入れ,義烏,福田市場,仕入れ,中国,輸入   

自動翻訳ですから翻訳は正確ではありませんが、

ある程度理解できます

中国仕入れ,義烏,福田市場,仕入れ,中国,輸入

また、翻訳サイト(google翻訳、infoseek翻訳など)で

商品を翻訳して検索という方法もあります

 

ご希望の商品が 見つかりましたら

  • サイトのURL
  • 商品名
  • サイズ
  • 単価


などをメール(info@internationaltrade.jp)で
ご連絡いただきましたら、

弊社がお客様の代わりに在庫の確認をして発送代行させて頂きます

 

****  例    ****

ショッピングサイトの画面の例
tmallgamen_r.jpg

輸入代行申込フォーム

ダウンロードしてお使い下さい
ご記入後、メール(info@internationaltrade.jp)にてお送り下さい

輸入代行申込フォーム(TXT版)–>>ファイルをダウンロード

輸入代行申込フォーム(EXCEL版)–>>ファイルをダウンロード

 代表的な中国ショップサイト紹介

 

送料について

たくさん購入して一括で発送だと、送料が割安になります

是非ご利用下さい

たとえば 50cm*50cm*50cmの大きさの箱(EMSで遅れる最大の大きさ)で、

重さが30kgの場合は

弊社の場合 28元/kgで送料の計算をしています

よって、28元*30Kgで 840元

1元を20円としても 16800円

1元が15円の場合は12600円

です

1個ずつ商品を送るのではなく、まとめて1箱で送りましょう 

 

 

※やはり商品を自分の目でみて、触って確認したいと言う場合は義烏の市場をご案内します 

タオバオの商品がすべてあるという訳ではございませんが、品質などを確認したり、別の商品も直接お探しを希望される場合は、是非お薦め致します

中国語ができなくてもアテンド(翻訳、ガイド)の手配も弊社で可能でございます

お気軽にお相談下さい

 

※※ 一言アドバイス ※※

商品は安くても、やはり海外です 送料が馬鹿にならないです
送料のほうが商品代よりも高かった なんてこともよくあります
できれば一度にたくさん購入して頂いた方が割安です。

様々な商品をサンプルとして一つずつ買われて弊社で保管、ある程度の量になれば日本に発送いたします。

 

 

少量多品種の販売にはタオバオなどがお薦め

 ネットで商品を販売するには、必ず粗利がある程度の

金額を望めるものにしたほうがいいです。

 

原価100円のものを少しずつ売っていても、

袋代や人件費がなかなか出ないです。

たとえば

1個当り500円の粗利を考えた場合、まさか 100円のものを600円で売るわけにはいかないので、

2000円のものを2500円、とか3000円のものを3500円で売るということになります

 

(勿論 3000円の物を5000円で販売しても構いません

100円の商品が一日に大量に売れたり、まとめてセットで販売できる場合は別です)

粗利を考えた場合、おのずと 扱ってくる商品が絞られえると思います

 

仕入れのロットについて

市場(いちば)での仕入れは、最低ロット(最低購入数)がネックに

なります 商品によっては100個とか1000個とか

その分、単価は安いですが、1000個も要らないよ!ということもよくあります

 

そのような時よく利用されるのが、アリババやタオバオ

 

ここなら、1個の購入も可能な商品もあるし、10個とかのように

少量の購入も可能です 多少単価は高くなるけど、同じ商品を

大量に仕入れて在庫を抱えるよりはマシです

 

 

1000円の商品を1500円で販売することで考えてみましょう

もし1ロットが10個の商品を仕入れた場合

商品代だけで10000円

7個売ってはじめて10500円の収益

やっと500円の利益です

 

10個仕入れて 7個も売って(3個の売れ残り)で500円の利益

人件費もでないです

 

たとえば3個しか仕入れてなかったらどうでしょう

商品代は3000円

 

1個1500円で売っているから 2個売れば損益ゼロ

3個目でいきなり1500円の利益がでます

 

 

仕入れのロットは重要です

在庫を抱えたり、長期間在庫を抱えることによる化粧箱などの損傷や値引きは、利益に大きく影響を与えます

同じ10000円を仕入れに使うなら、3個のロットの商品を3種類

仕入れて、品揃えを良くして販売するほうが良いかも知れません